トルコのロカンタスをご存知ですか?食大国ならではの美味しい料理がずらり大皿で並んでいて、見るからに食欲がそそられます。キッチン5では、そんなスタイルを取り入れながら、各国で出会った伝統料理、郷土料理、そしてレストランのオリジナル料理を毎日35〜40種類、日替わりで皆様にお届けしています。たくさん食べに来てください!
《第34回恒例クリスマスシーズン料理のお知らせ》
◉恒例のベビーラムの詰め物丸焼きを今年もやります。34回目です。
今回のテーマは夏の旅の地『シシリー』です。
シシリーがテーマのの詰め物と添え物と共にベビーラムの丸焼きをお出しします。もちろん、通常の日替わりメニューもたくさん並びます!

〔インスタグラムに料理と陶器の写真を時々アップしています(Yuko.kitchen5)〕

≪17日(金)・18日(土)のメニュー≫
◎牛肉のミロトン 野菜のパスタ添え(フランス)
◎ポートベラ(兵庫県産ビッグマッシュルーム)のチーズフォンデュ詰め(フランス)
◎サーモンのトルテ仕立て(ほうれん草他野菜とトリッフ)レモン風味ソース(フランス)
◎もち豚肩ロースと野菜のエスペレット入り バスク風煮込み ブロッコリーのソテー添え(フランス)
◎鴨のコンフィの細切 トリッフとマッシュルームソテー ブロッコリーのソテー添え(フランス)
◎オニオンタルト 3種チーズ焼き(フランス)
◎干し鱈とムール貝とポテトのソテー(ポルトガル)
◎スパイシービーフ コシャリ添え
野菜のオムレツ同様、オープン当時からのレギュラー料理。なのに5ヶ月ぶりに作って、これもよく売れます。今週もお出しします。
◎野菜7種の重ね焼きオムレツ(イタリア)
4ヶ月ぶりのオムレツは瞬く間によく売れます。今週も作りました。
◎マレンゴ風ローストチキンと野菜の蒸し煮 野菜のパスタ添え
ナポレオンのマレンゴの戦いに由来した、トスカーナの郷土料理です。人参のマリネと蒸し煮を使って少しアレンジしました。
◎スモークラムケバブとオクラのバーミヤ コシャリ添え(シリア)
◎魚と4種ナッツのスパイスソテーのセマック・ブル・ズゥ コシャリ添え(レバノン)
◎焼き茄子のグラタンとスモークラムのケバブ コシャリ添え(レバノン)
◎墨烏賊のイカ墨煮 アリオリソースとライス添え(スペイン)
◎渡蟹のカリー ライス添え …これがないと怒られるので作りました(インド)
◎ベジタリアンのボルシチ(ポーランド)

<冷たい前菜>
◎赤崎産殻牡蠣 フランスの出し方で(フランス)
◎蛸とスマックのマリネ(トルコ)
◎無花果のチーズとアーモンドのムース添え(フランス)
◎ネギのマリネ(フランス)
◎カポナータ(イタリア)
◎茸のマリネ(イタリア)

<デザート>
◎100パーセントカカオのチョコレートと焼きバナナのタルト(フランス)
◎ナツメヤシとプラムとリンゴのワイン煮のマスカルポーネチーズタルト(フランス)
◎洋梨の赤ワイン煮(フランス)
◎エスプレッソとラム酒のパルフェ(フランス)

メインディッシュ15種類以上〔1150(1242)円〜1950(2106)円〕、イタリア版の新作がいっぱいのピンチョ13種類以上〔1個350(378)円〕
冷たい前菜6種類。デザート数種類用意させていただきます。

※ご予約・ご来店をお待ちしていますm(__)m
OPEN :
TUESDAY, WEDNESDAY, FRIDAY, SATURDAY   6:00 pm - 11:00 pm (9:30 pm LO)
(Closed on Sun, Mon and Thu. 日・月・木 休)
TEL: 03-3409-8835
ACCESS:   東京都港区西麻布4-2-15   Nishiazabu 4-2-15, Minato-ku, Tokyo MAP
地下鉄日比谷線六本木駅 or 広尾駅、または千代田線乃木坂駅(青山墓地出口)から徒歩7〜8分。   都バス01系統「渋谷〜新橋」西麻布下車
7-8 min walk from Roppongi Station or Hiroo Station
► No credit card accepted.
spacer.gif
spacer.gif

2017年09月30日

食材がたくさん!来週のメニュー!

スタッフのまゆちゃんの別荘が北軽井沢にある。
その近所の方が、趣味で珍しい野菜を育てている。

私への誕生日プレゼントであるその野菜たちがどっさり送られてきた。

ビーツはオーブンで焼いてピュレにした。
これを使ってフォンティーナチーズと合わせると、甘さとコクが出て、ものすごく美味しくなる。
北イタリア周辺のモンブランの麓では、パスタに包んだりする郷土料理。

私は、カネロニにしたり、ラザニアにしたりする。
来週初日からビーツとフォンティーナチーズのラザニアにグリュエールチーズで焼いたものを作ることにする。

無農薬のフェンネルの葉っぱもどっさり入っている。
これは、鰯とシシリーで買った松の実とレーズン、もちろんエストラット・ディ・ポモドーロも使って、本場のパスタ・コン・サルデ(鰯のパスタ)も来週初日から登場します!

墨烏賊はまだまだ小さいが柔らかい新烏賊だ。墨烏賊の墨煮もアリオリソースを添えて。これもしばらく作ります。

ファルスドューは、カイロ在住のお客さんが明後日帰るので、その方のリクエストで昨日から作っている。これも来週も作ります!

このファルスデューは、毎回説明しているが、2週間以上前から用意するのだ。
塩と砂糖とスパイスと水から茹でて作った床のようなものに血抜きした骨付き豚肉ともも肉を2週間漬け込んで、一晩塩抜きしてやっと料理する段階に持って行くのだ。

小麦粉には卵だけで水を全く使わないでパンを作る。普通なら、オーブンで仕上げるのだが、そのドゥを、肉を茹でたスープにドボンと入れて、1時間茹で上げる。
仕上げに、ソーセージも茹でて、取り分けて、パンをスープにしたして盛り付ける。

ブリーヴから車で1時間奥に入った、美しい村メイサック村に滞在した時、近所の100歳のクロティンおばあちゃんから教わった大切な大切な料理だ。

この料理は、フランス人でもこの地方の人しか知らない。そして、今は、家庭で作ることも少なくなったという。

私が生きている限り、作り続けたい料理の一つだ。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!
spacer.gif

2017年09月28日

日本料理「とく山」

最後の誕生日食事会2度目のとく山。

9月生まれの従姉妹と近所のK子ちゃんと3人で。

@帆立真丈と長芋ゼリー寄せ(生海苔の柚子ゼリーと)
A南瓜豆腐
B揚げ無花果の黄身酢
C新イクラ醤油漬け、雲丹、鮑
D銀杏
Eお造り(メジマグロ、鰹、新烏賊)

F牛肉と松茸のすき焼き風
従姉妹もK子ちゃんも肉が苦手。2人は秋刀魚を一匹づつ食べてる。私は豪華に松茸と牛肉!
ふふふ。

G浅蜊と牛蒡とネギの炊き込みご飯とジャコと山椒の炊き込みご飯
メニューを見ると、浅蜊と牛蒡の掻き揚げっつうのがあった。「伊藤くん!これさぁあ、炊き込みご飯でもいけるんじゃない?」
「そうですね。浅蜊は剥き身なので醤油で炊いて炊き込んだのでいきますか!?」
二つ返事よね〜。
ジャコはキャンセルのつもりだったのだが、ジャコのご飯も出て来た。ま、いいか。
両方いただいて、残りは包んでもらう。

H河豚の身皮の唐揚げ
河豚は、もう一生分食べたから興味がない。しいて所望するなら、身皮の唐揚げだけで良い。ちゅうもんはお任せにしたからか、出て来た!気がきくなぁ。

Iなめこのお味噌汁、香の物、塩辛
デザート…ほうじ茶アイス、黒砂糖アイスと餡子

満足満足ぅ!


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!
spacer.gif

2017年09月18日

日本料理「花楽」

今年数回めの誕生会。
ホセとアキちゃんと私は9月生まれ。
毎年恒例の食事会を今年も。

テーブル席をゲットした。
4人席なので、ホセと同郷の美人豊乳豊食姉妹の妹Yちゃんも誘って。

今日は祝日だから空いているだろうと思ったのだが、結構混んでいる。
ここは、赤坂だから、仕事帰りや会食のお客さんが多い。近所に住んでいる人は少ないから、祝日は、なるべく来るようにしているのだ。

昨日、かなりお腹いっぱい食べた。今日は、ほとんど食べないで来たのに、お腹が空いていないのが悲しい。

@蒸し無花果豆腐 胡麻クリーム(無花果酢)
A鱧のとも合え(鱧の子菊添え)
鱧を半分アキちゃんに食べてもらう。

B新銀杏のすり流し(カボチャが銀杏の型抜き飾りに)
C鰹藁炙りと鰹のヅケ
D子持ち鮎のカラ蒸し(オカラが中に)
どれもこれもいつも通り美味しいけど、これを食べちゃうと最後までいけそうにないので、アキちゃんに食べてもらう。かなりのボリュームだし。

E蛤の鯛と赤飯入り
ひゃあ!お祝い膳ダァ!ステキ!

蛤に赤い紐が巻いてあって、中は鯛とお赤飯が!
これは、いただかなきゃあ!

F鯛シャブ
鯛しゃぶも半分にして。

Gお漬物と野菜と自家製もろみ味噌
H鯛茶
全員大好物の鯛茶はリクエストしたのだ!

あっ!
そうだった!
椀物の後だったか、これもリクエストしたI湯葉ソーメンが2人前づつ出て来たのだった。私は一人前にしたのだけど。これも全員の大好物。

デザート…ずんだ蕨餅とクリスタルゼリーと山椒
最後のデザートまでどれもこれも堪能致しました。
すると…。
しずしずと三方に奉書紙が載せられたものをテーブルに置かれた。
あまりに、突然だったので、みんなしばし、見つめる。
ウワー!
丁寧に結ばれた紅白の紐を外すと、奉書紙の中は鯛焼き型の最中が4つ並んでいた。
びっくり‼️
すごーい!
中は、お祝いだからと黒餡でなく白餡で出来ていた、
どこまでも丁寧なお仕事。

板長からのサプライズだった。
いやあ!
鯛茶と湯葉ソーメンを作ってくださっただけで、充分嬉しかったのに!
嬉しい日だった。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!