2020年01月03日

「中国飯店」「麻布 レトロ」

3日になって、初詣に行って、スポーツジムにも行って、午後から、弟子と陶芸の絵付けをする。

弟子は、私の土産の河豚の唐揚げ炊き込みご飯とスープを飲んだくせに、腹が減ったとうるさい。
私は昼抜き。

18時に予約した「中国飯店」に早めに入る。
「ここさ、前菜にして、もう一軒行かない?」と、弟子が言う。
隣に席の1人で来ている男性客は、ソバだけ食べて、帰って行った。
そう言う使い方もしていいんだと、見ながら。

じゃあ、二件目は、レトロだよね。
予約した。
レトロは、大晦日も元旦もやっていたらしい。

上海蟹を2人前と黒酢の酢豚と小籠包を食べて、かなりいい感じになったから、歩いて行くことにする。

近すぎる…。歩いた効果がない…。

シャンパンと弟子は白ワインで始まる。
◎蕗の薹と海老のすり身のフリット
◎真鯛のカルパッチョ
◎ホッキ貝のマカロニサラダ
◎キッシュロレーヌ
◎蝦夷鹿のタタキ
◎ラムスパイスミートボール

美味しいなぁ〜。そして、なんか落ち着く。
やっぱり、こことか、とく山、はじめ落ち着く場所に足が向くね。


posted by Yuko at 23:56| 食歩:フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

河豚「とく山」

2日は、毎年恒例。
「とく山」に行く。
数年前までは、空いていたのに、2日からやってることが知れ渡ったのだろうか。満席だ。
2回転目を、店で、カヴァを呑みながら待つ。
20時近くになってやっと空いた。

大晦日のメンバーの従姉妹とのりちゃんと3人で行く。
もう、お腹ペコペコ。
突き出しの
@ゴマ汚し(焼き椎茸、春菊、セリ)と鴨のツクネとこんにゃくソーメン
A蒸し蟹
B焼き銀杏
C河豚の白子焼き
D牡蠣フライ
E牛ステーキ
F河豚の皮シャブ鍋
G河豚の唐揚げの炊き込みご飯
Hお漬物、塩辛
I黒糖アイスと餡子

この時期のいつものメニューだが、やはり、美味しいし、この店はほんと落ち着く。

炊き込みご飯が出てきたところで、のりちゃんの体調が良くなくなって、ご飯は包んでもらって、タクシーに乗せるまで見送る。

今日のために、体調を整えたのにと残念そう。
何度も手術しているのだ。思うようにならない日だってあるさ。それでも、美味しく食べられるし、呑めるのだから、良しとしよう。
美味しいものを美味しく食べられるって、実はそんなに長く無い。母を見て、そう思った。
急に歳をとるわけでは無い。
少しづつ、食べられる量が減ってくる。
健康に美味しく楽しく食べる時間を大事にしたい。

私と従姉妹は、炊き込みご飯を楽しんで、デザートまで堪能する。
あれ?!
芋焼酎がほとんど減っていない。
店でカヴァを呑んだからだね。酒は好きでもちっとも強くならないなぁ〜。
posted by Yuko at 22:54| 食歩:日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

年末年始

年末、1人で店をやっている身としては、年内中にやらねばならないことがたくさんある。店の用事だけでなく、自宅の仕事もだ。

それでも、夜は、友人たちと食事に行く。
その時間を作るため、早朝から休むこともなく、バタバタと動いている。

大晦日は従姉妹の家で過ごす。
その為、前日の30日は、今年最後の豊洲市場にいつもの時間に家を出る。

表参道…銀座線は…そうか、線路切り替え工事で2日まで渋谷ー溜池山王間だっけ、利用できないんだ。
慌てて、キキちゃんにメールする。
キキちゃん夫妻と豊洲市場に買い物する待ち合わせしているのだ。

千代田線2分遅れで出発する方法をとった。日比谷で、うまく乗り換えできれば、いつもの時間に到着するはず。
うまくいった。築地駅で降りて、築地6丁目バス停に走る。いつものバスに乗ることができた。

いつもと売っているものがかなり違う。今日が最後だからか、正月用の魚や乾物が目立つ。そして、鮪がズラーっと並んでいる。初めての光景だ。
築地でもこんなことはなかった。

自動で上下に動くドアで、「開けー!ゴマ!」と、叫んでみたり、いつもはそんなバカなことをやる余裕なんて無いし。色々やってみては、笑い転げる。

買った荷物を持って、豊洲の高層ビルに住むキキちゃん家に行く。
旦那様が、朝ごはん作ってくれるらしい。ウレチイ。

牛丼と、レンズ豆のスープを作ってくれた。
めちゃめちゃ美味しい!
レンズ豆のスープは、お代わりしたくらい美味しい。三倍飲めたけどハジュカシイからやめた。
買った、ムール貝の処理の仕方を伝授して、スープも作った。
牡蠣はオイル漬けの方法を、キキちゃんでなく、旦那様に伝授しておく。多分、その方が確実な気がするし。

「ユー子さん!シャンパンあるよ!まだ暗いから開けても大丈夫!」と、わけわかんないキキちゃん(*_*)
まだ7時。外は雨。
タクシーを呼んでくれて至れり尽くせりで、店に戻る。

買ったものは、大晦日と元旦の食材。
従姉妹と毎年のりちゃんと3人で晦日を過ごす為、少し仕込んでおく。
そして、元旦は、陶芸の弟子と絵付けしながら、食事する為だ。

殻牡蠣、ムール貝のスープ。そのスープとトマトとクリームとチーズでパスタ。ナスのマリネ、サラダ数種類、餃子、干しホタルイカの炙り等。

元旦は、朝から絵付け。
軽くサンドイッチで。
ランチは、仕込んでおいた料理をシャンパンで。
ホタルイカを炙ったら、やたら美味しい。後ろに美味しい日本酒があったからもうダメ。
絵付けはなかなか進まない。

「正月だしね」を言い訳に、どんどん料理作っては呑んで、チョットだけ絵付けをする。
外は真っ暗。
誰も歩いていなさそな西麻布。
まだ9時前なのに、帰ることにした。
あああ、正月中に本焼きできるかしらん。
posted by Yuko at 22:52| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする