トルコのロカンタスをご存知ですか?食大国ならではの美味しい料理がずらり大皿で並んでいて、見るからに食欲がそそられます。キッチン5では、そんなスタイルを取り入れながら、各国で出会った伝統料理、郷土料理、そしてレストランのオリジナル料理を毎日35〜40種類、日替わりで皆様にお届けしています。たくさん食べに来てください!
≪お知らせ≫
今週は温かそうで…。ちょっと嬉しい。

〔インスタグラムに料理と陶器の写真を時々アップしています(Yuko.kitchen5)〕

≪19日(金)・20日(土)のメニュー≫
◎ティンバル型のタルト ラルドムース添え(イタリア)
ポテトとマッシュルームとトリッフ オニオングラタンとグリュエールチーズとコンテチーズ詰め ラルドのムース添えのコルティナ風 リクエストが多くて、作りました。
◎チェリーケバブ ライス添え(シリア)
アレッポの郷土料理です。
◎ルビア(レバノン)
インゲンのコリアンダーとニンニク炒め
◎鴨のコンフィとチョリソと白インゲン豆の煮込み(ポルトガル)
フランスのランドック地方のカスレーが有名ですが、ポルトの郷土料理にも鴨や豆がよく使われます。ブロッコリーのニンニクソテー添え
◎モレソースのエンチラーダ(メキシコ)
チキンと赤いチレソースのトルティーリャ包み プエブラのモレソース(チョコレートと4種のチレや野菜、ナッツなどから作ったソースのこと)
◎蟹のシャルロット(フランス)
ズワイ蟹と渡り蟹、アボカドのシャルロット仕立て ゴルゴンツォーラと蕪のピュレソース添え
◎スモークラムケバブと人参のマリネとドライトマトのナバラ風 野菜のパスタ添え(フランス)
◎牛肉のミロトン(フランス)
これもリヨンの郷土料理です。残ったポトフの肉を使って作る料理ですが、残った肉ではなく、ピクルスや香味野菜やチーズでオーブン焼き。ビネガーでさっぱり仕上げて。野菜のパスタ添え
◎リードヴォーとエスカルゴとマッシュルームの煮込み(フランス)
久々に登場します。この組み合わせはフォンドヴォーとエスパニョールで仕上げて。野菜のパスタ添え
◎鰯のトルテ仕立て(フランス)
鰯のケーキ型の中に、ほうれん草とルタバガのソテーを詰め込んで。鰯がメインになる料理でもあります。
◎牛胃袋とチョリソと香味野菜のソテー アスパラとチーズのリゾット添え(スペイン)
◎墨烏賊の墨煮 アリオリソースとライス添え(スペイン)
カタルーニャ料理です。墨煮は地中海一帯で作りますが、アリオリソースを添えて出すのはカタルーニャだけ。
◎もち豚のチレアンチョと野菜煮込み(メキシコ)
メキシコ産のコクあるチレアンチョを使って煮込みます。ライス添えで。
◎ジャークチキン ライス添え(ジャマイカ)
カリカリにローストしたチキンとフルーツ、タマリンド野菜のペーストソースと唐辛子で煮込みます。ほぼ定番になりつつある料理です。
◎海老のムケカ ライス添え(ブラジル)
ムケカは定番でしたが、しばらく作ってなかったです。久々にスペイシーなバイヤ地方の郷土料理を。
◎渡蟹のカリー ライス添え …これがないと怒られるので作りました(インド)

<冷たい前菜>
◎殻牡蠣(フランス)
◎塩豚のマリネ(フランス)
◎イワシのマリネ(フランス)
◎サジキ(ギリシャ)
◎蛸のマリネ(イタリア)
◎茸のマリネ(イタリア)

<デザート>
◎100%カカオのチョコレートとカラメルバナナのタルト(フランス)
◎アプリコットとマスカルポーネのタルト(フランス)
◎ラ・フランスの赤ワイン煮(フランス)
◎エスプレッソとラム酒のパルフェ(フランス)

メインディッシュ15種類以上〔1250(1350)円〜1950(2106)円〕、イタリア版の新作がいっぱいのピンチョ13種類以上〔1個350(378)円〕
冷たい前菜6種類。デザート数種類用意させていただきます。

※ご予約・ご来店をお待ちしていますm(__)m
OPEN :
TUESDAY, WEDNESDAY, FRIDAY, SATURDAY   6:00 pm - 11:00 pm (9:30 pm LO)
(Closed on Sun, Mon and Thu. 日・月・木 休)
TEL: 03-3409-8835
ACCESS:   東京都港区西麻布4-2-15   Nishiazabu 4-2-15, Minato-ku, Tokyo MAP
地下鉄日比谷線六本木駅 or 広尾駅、または千代田線乃木坂駅(青山墓地出口)から徒歩7〜8分。   都バス01系統「渋谷〜新橋」西麻布下車
7-8 min walk from Roppongi Station or Hiroo Station
► No credit card accepted.
spacer.gif
spacer.gif

2017年11月30日

日本料理「花楽」

日曜の17時半に窯入れして、窯出ししたのは昨日、水曜の早朝4時。
静かに蓋を開くと、カラフルな色が飛び込んで来た。
うわぁあ!
大成功だ!
色がクリアで、仕上がりの絵は、細かいところまで鮮明で、美しい。

陶芸教室だと、いろんな釉薬を使う人が多いし、一緒に焼くので、その影響を受けるのだろう。
透明釉薬しか使わない私の作品だけで焼くので、クリアなんだと思う。

今日は、久々の花楽で食事。

近所ではあるが、新聞社に勤めているので、夜勤も多く、なかなかスケジュールが合わない。久々のEさんと、スープが冷めない距離に住K子さん。
美人豊乳豊食姉妹の妹Yちゃんの4人。

@海老芋の旨煮
A足赤海老、帆立貝、椎茸、舞茸のズンダ和え
B椀物(雲子豆腐、大黒シメジ、蕪のすり流し)
C穴子の焼き霜 肝醤油
D湯葉ソーメン
どれもこれも美味しい!
湯葉ソーメンは、去年も今年も食べ損なったK子さんと今年初めてのEさんが、食べたいとうるさいので、リクエストした。私は散々食べてるのでどっちでもいいけど、やっぱ、美味しいわ!
E晩秋盛り(米かき揚げ、蓮根、くわい、ほうれん草の御浸しと松の実、薩摩芋チップ、ホウズキ、ムカゴ豆腐、江戸あさり、百合根最中)
コレは、いつ食べても目にも楽しいし、食べても美味しいし。
F鯛鍋
G三輪漬け
出た!大好物の紅芯大根の柑橘漬け。
H赤出汁 銀杏ご飯 香の物
I洋梨と柿のリンゴジュレ掛けと生姜の葛餅焼き

う〜ん!
最後まで堪能しました!

今年後半の休日は、お見舞いにばかり行っている。
12月もだ。
理由は様々で、どうか健康になって欲しいと祈るばかりだ。
spacer.gif

2017年11月28日

今週のメニューと初窯

今週は、メニューがかなり変わります。
2週間ほど前に仕込んだ、牛タンの塩漬けがちょうどいい頃なので、アルザス料理にしました。

いつものイカ墨は、フィデウアにします。カタルーニャの名物料理のパスタのパエリアのことです。

牛ほほ肉の赤ワイン煮も久々に登場します。

シシリー料理の鰯のボッコンチーニ(一口大)もエストラッドポモドーロを使って、久々に。

カジキマグロのトロの部分だけ仕入れたので、長ネギのピュレソースをのせて焼いて、茄子やシシリーから仕入れたドライトマトを使ったソースで。

干し鱈料理は、違う料理を二段にして4種チーズ(コンテ、グリュエール、フォンティーナ、パルミジャーノレッジャーノ)のフォンデュソースで。

トマトカップには、焼き茄子のグラタンと鴨のコンフィを食べやすく裂いて、黒トリッフとマッシュルームでソテーしたものを詰めて煮込んで。

そのほかにも、久々に登場するものや新作メニュー作っています。


日曜日は初窯でした。
本焼きを17時半に設定して、もうドキドキで、温度を見つめて離れられない。

陶芸教室の先輩で、中学の美術の先生Hさんが、自宅に来てくださって、もう、こころ強い。

焼き終わって、温度が50度に下がるまで窯は開けられない。今朝自宅を出るときは、172度だった。

多分、14時頃には初窯出しできると思う。
すでに、ドキドキドキドキドキ。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!
spacer.gif

2017年11月19日

日本料理「とく山」

メニューを決めて、築地で買うものをチェックしたり、野菜や肉の仕入れを決めたりする。それでも、当日作りながらメニューが変わることは毎回だったりする。

まだ、夕食の予約19時半まで時間がある。
絵付けをする。

とにかく細かい絵を描くので、ちょっとした時間も見逃さず、ほんの少しでも前に進む。

Y君からメールが入った。
(今、西麻布の交差点です)と。
慌てて時計を見ると、19時25分。
時間が経つのが早い。

でも、ここから歩いて3分の「とく山」だから間に合う。

言い出しっぺはY君だった。
「ユーコさん!とく山に連れて行ってください!」と、ある日の帰りがけに。
「いいよー!じゃあ、ホセたちも誘うね」
ホセとY君は、うちの店で紹介して、知り合いでもある。

「とく山」は、河豚屋だ。夏の間は日本料理屋になっている。
ここ数年は、お客さんの要望もあって、河豚の季節でも、少なくはなるが、日本料理も出してくれる。

日曜日に開いている日本料理屋が、西麻布にはほとんどない。食事に来る常連さんは、17時前から入って来る。

私たちは、その近所の早めにいらっしゃる常連さんが帰る頃の狙い目19時半に予約した。
すると、元バイト一家も来たいと言うので、2班に別れて予約した。

元バイト一家はすでにテーブル席で呑んでる。
ホセとアキちゃんも来て、私達はカウンターに4人並ぶ。

@柿と巻き海老、蓬麩、春菊、栗の胡桃和え
A太刀魚の蕪蒸し
B殻牡蠣
C牛ロース九条葱巻きタレ焼き 卵とタレソース添え
コレは、毎回頼む。この卵のタレも残ったら取っておいて、ご飯にかけて食べると、うんまいのだ!
D秋刀魚焼き
今年最後の秋刀魚だね。結構大きい!1人一匹づつ頂く。

E帆立貝と茸炊き込みご飯と白飯
この組み合わせは初めてだ。美味しい!

Fイクラと雲丹 塩辛 鰹の漬けと薬味
このおかずで、白いご飯を頂く。美味しい!と言う言葉しか出ない!

Gお漬け物とお吸い物
H栗蒸し羊羹と蓮根餅

今日も満足!
美味しかったぁあ!

満腹のまま、速攻家路に。
明日は4時起きだから、食後という消化時間なしで、床につく。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!