spacer.gif

2009年01月01日

MEXICO・メキシコシティー

今回の旅は、愛猫ミケランジェラが高齢のため、エサを自力で食べるのが困難になったこともあり、初めての短期旅行だ。なので、メキシコシティーで連泊。毎日、誰かが合流したり、また違うメンバーと会ったりと楽しく、忙しい旅だ。

ほぼ定刻にメキシコシティーに到着。もう真っ暗だ。

スーツケースが無事受け取っても、まだまだ、並んでの荷物検査がしつこくある。結構時間がかかるのだ。

メキシコシティーの治安が悪いのは有名だが、特にタクシーは気をつけなくてはいけない。

指定されたタクシーチケットを買うか、所属がはっきりしているシティオを利用する。空港でも、セダンタクシーであるか確認して乗らないと、一人であっても7人乗りのエヘクティーボ料金をとられることがある。

セダンタクシーかどうか確認して、チケットを買って、乗り場に向かう。 170ペセタだった。

タクシーは、娼婦が立ち並ぶ不穏な通りを抜け、暗ぁーい通りやきったない通りを過ぎて、やっと街らしくなったなと思ったら、フォーシーズンズホテルに到着。

この、メキシコのフォーシーズンズホテルのこの時期が世界中で一番安いらしい。

先に到着しているホセ達と同じ階にしてもらう。

ホセとグラフィックデザイナーのアキちゃんと3人で夕食に。

元旦のため、レストランはほとんど休み。開いているのは、ホテル系のレストランのみ。フォーシーズンズにはメキシコ料理レストランが無いので、外のレストランに行く。

ヌーベルキュィジーヌのメキシカンレストランのようだ。

お洒落な・・・???・・・予感はあたって、バッテンだった。

メキシコは4回か5回目。しかし、美味しくない店に当たったことが無かったので、がっかりだった。

チレエンノガータを頼んだ。この料理は、緑の大きなピーマンのようなグリーンチレに、ひき肉とフルーツとナッツが詰められ、胡桃のクリームソースをかけ、ザクロが飾られるのだ。

緑のチレと胡桃ソースの白、石榴の赤でメキシコの国旗の色にする、メキシコの代表料理の一つだ。

しかし、グリーンチレは使ってなく、グリーンのゼリーの間に肉が詰まってて、石榴の赤は、イクラのような形のトマトのゼリー。しかもでっかいゼリー達が3個もある。

どうやったら、こういうセンスの料理が提供許可をパスするのだろうか。不思議だぁ・・・。 こうなると、どれをとってもズレた料理ばかり。ほとんど残してしまった。

ホテルに帰っても、お腹が空いた状態。とりあえず寝るとするか。

短い旅なのに・・・。1食、損したぁあ。