2003年09月28日

ママタルト

2〜3日前に下田画伯君が店に来た。下田君が、「ママタルトにまだ行ったことがない」と言うことで、行くことにした。いつも自宅のほうに行っていたのだ。そういえば、金曜だったか、殿にばったり会った。それも朝7時にパン屋のアンデルセンで。若っかい女性と一緒だった。武士の情けじゃ隠れてあげようかと思ったけど、部下だった。なんだ、仕事かぁ・・・。弱味見つけたと思ったのにぃ・・・。

ママタルトには、幻の料理教室のレギュラーメンバーで、お父様が日本で唯一の浮世絵版画師のNさんの一緒で3人で行くことになった。おかずのパイを食べながら、しりとりをやった。しりとりと言っても、ただのしりとりじゃない。絵を描くのだ。

〈めじろ〉から始まった。下田君が鳥の〈めじろ〉を描く。やっぱうまいよな。ルールは、絵が下手でも、本人がそうだと言い張れば許すと言うルールだ。私の番だ。ろ、〈ローマ〉スペイン階段の絵を描いた。Nさんの番だ。〈豆〉なんか描いてるよぅ。もうそれからスッゴイ。

リンボーダンスやらスッゴイ縞馬やら。涙が出るくらい笑ったぁ。苦しかったぁ。これ、マイブームになりそう。お薦めです。やってみて!ママタルトのオーナーで殿婦人のエンさんが、下田君に「今度は、一人でいらっしゃい!」と誘ってるぅ。「この人出入り禁止だから」と、私のこと指差す。”刺青とユーコお断り”だって。もう許してよぅ。

店に戻って、美人豊乳豊食姉妹と合流して、「三合庵」でそば食いまくり。ダブルブッキングでパーティーに誘われていた私は、三田のオーストラリア人とシンガポール人のご夫婦の家にお邪魔した。今度はトルコ料理だ。もう死にそう。食いすぎぃ・・・。
posted by Yuko at 00:00| 食歩:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする