2003年01月18日

秋山先生にお別れ

夕方5時過ぎに「分けとく山」の板長、野崎さんが店のドアをたたいた。

「秋山先生のスタジオに行って、先生にお別れをしてらっしゃい。今なら、お顔を拝見できるから。今、僕も行ってきたけど良いお顔でしたよ。行ってらっしゃい」

「こんな格好で行ってもいいんですか?」

「それでいいから・・・」

野崎さんの心使いが有り難かった。

コック服のまま走った。スタジオの外も中も、喪服の人々でいっぱいだった。

ぐしゃぐしゃの顔のまま入ると、記帳係りの方が、

「急で驚いたでしょう?良いお顔をされていますよ。お会いになってください」と言ってくださった。

本当に良いお顔をされていた。眠っているようで、亡くなっている顔ではなかった。心を込めてお礼をいうことができた。私が焼香をしている横で、話されているご婦人たちの話が聞こえた。撮影中に倒れられてそのまま病院で・・・.苦しまなくて良かったと、いう。本当に苦しまなくて良かった・・・。
posted by Yuko at 00:00| 日記:ART, BOOKS etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする