2002年09月06日

ランチ

18年前まで、1年間だけランチをやっていたことがある。その頃からのお客さんが時々やってくる。今日も・・・。「あのランチが食べたいな・・・」と、無理を言う。前菜に、ガスパチョ(冷たい野菜のスープ)を必ず出していた。

そして、面白いお客さんの話になった。

今日のような強い雨の日に、ひとりでぴょんと飛ぶように入ってきて、次々に追加してものすごく食べた男性。   

「よく食べますねぇ」  「料理は毎日これくらい作るんですか?」  「ええ、でも毎日メニューが変わります」  「毎日?!」

その頃は今のように40種近くは作っていなかったから、毎日変えていた。そしたら、次週の一週間毎日来るではないか!「まいった!」と言って帰った。今でもたまにやってくる。

ダイエット中の米国人で土、日曜はブレイク日。土曜の度にひとりでやってきて食いまくる。「月曜からまたダイエットするんだ」と言って。あるとき日本人のガールフレンドを連れてやって来た。

始めは楽しそうに・・・。そのうち険悪な雰囲気に。突然女性ががたんと椅子を蹴るようにして立ち上がり、バックを肩にかけ無言で去ろうとした。男性はバックの紐にしがみついた。「ふん!」と言って、女性は振りほどいた。

「せっかくの土曜日なのにね」と言うと。  「彼女難しいから・・・」と言って、泣き出した。

でも、次週に嬉々として違うガールフレンドと楽しそうに食事をしていた。 

思い出すまま話こんでしまった。


posted by Yuko at 00:00| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする