2021年07月29日

自宅あたりの騒音の正体

この1週間は静かな南青山。
ぐっすり眠っている。
その前1ヶ月以上、自宅のマンションに近ずく時点で音に驚いていた。それは、隣の建物あたりから聴こえる。
最初は、大きな鳥かと思った。
表参道まで歩いて5分の南青山ではあるが、緑も多く、鳥の鳴き声もよく聞こえて来るのだ。いや、機械音だな。壊れかけてるクーラーかも。

眠るまで、タイマーかけて音楽を聴きながら眠ることにする。機械音を紛らわすためだ。
毎日、そんなことをしていて、とうとう管理人さんに聞いて見た。

すると、音を気にしたことはないと言う。他の部屋からも苦情はないと。ものすっごく驚いた。あんな騒音が気にならないのかと。約10秒間隔くらいで音はする。朝になると音はしない。どうやら、夕方あたりから夜中まで。

録音したけど、早朝から夜遅くまで自宅に帰らないから、なかなか管理人さんに会えない。

すでに、音は止んで1週間だからいいかと思ったけど、管理人さんと会ったから、音を聴いて頂いた。音は、上に上がるから、上の方が大きく聴こえる。録音した音も結構大きい。

「ああ!これは蛙の声だ!隣の幼稚園に小さな池があって、もう、昔から、蛙が居着いてるんだ。飼ってるのかもだね。大きな蛙なんだよね〜」と言うではないか。

私が知ってる蛙の鳴き声から程遠い。
そう言えば、雨上がりに15センチくらいの蛙をマンションの入り口で見つけたことが何度かある。あれかぁ。

びっくりダァ!
posted by Yuko at 15:24| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする