2020年01月23日

フランス料理「Trompette 」小伝馬町

陶芸の弟子が行きつけのフレンチに行くことに。
アウェイな小伝馬町。

オーナーシェフが1人で切り盛りしているとか。私のことを知っているらしい。弟子が散々威かしたらしい。
「そんなことで、私を使うなっ!」って何度も言ったし、料理人だと言うなとも何度も言ってるのに。
予約しちまったんだからしょうがない。

こじんまりした店で、テーブル3つ、カウンター席無しだから、シェフは、客席と調理場を行ったり来たりしなければならない。3組しか予約を取らないそうだ。

シャンパンを所望。
グラスが冷えてない。冷やせと指示。弟子が嬉しそうに笑う。
シャンパンのボトルをテーブルに置く。
ヌルくなるのでさっさと冷蔵庫に入れて欲しい。ボトルで取ることにしたので、氷をどっさり入れて、冷やしてもらう。よしよし。これで落ち着いて食事ができる。

料理はお任せにした。

@アミューズは豚のリエット
A岩手産鰯と熊本産茄子のテリーヌ 黒オリーヴとトマトの変わりタプナード添え
鰯もナスも大好物。美味しくないわけない。
B熊本産馬肉と広島産牡蠣のタルタル仕立て ダブルコンソメジュレ 北海道産セルリアックピュレ添え
馬肉と牡蠣とは、面白い組み合わせだが、とっても美味しかった。
Cスコットランドサーモンのマリネを軽く燻製に セルリアックサラダ添え
サーモンがとっても繊細で美味しい。サラダも。
D蝦夷鹿のローストと焼きポレンタ 色々なキノコソテー添え
ここにきて、お腹いっぱいに。半分以上弟子に食べてもらう。蝦夷鹿も美味しい。
Eヌガーグラッセ
ヌガーグラッセは、レトロのが、大好きだからか、ちょっと焦点が合わない。デザートはデザートらしく、ある程度の甘さが欲しい。ギリギリまで甘くして、リキュールでぐっとしめる感じ。アマレットがこのヌガーグラッセには合うはず。グランマルニエを使ったらしい。今度、アマレットを使ったやつが食べたいなぁ。

料理は、とってもテンポよく出され、美味しくて、満足でしたよ〜。

この後、うちの店の元バイトがオーナーの八丁堀の「マル」に行く。
突然行って、オドカシてきた(^○^)


posted by Yuko at 23:19| 食歩:フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする