2020年01月20日

津の守坂「小柴」

「花楽ほど凝ってないし、技ありな店ではないけど、丁寧な料理を出す店だよ」と言うので、ホセに予約してもらった。
ダイソンアキちゃんとまた3人で、荒木町の小柴に行く。

@ナマコの卵巣の茶碗蒸し
A子持ち昆布、赤貝、花ワサビの黄味酢とジュレ掛け
B白胡麻豆腐 甘鯛 原木椎茸の椀物
C天然とら河豚皮 あん肝のポン酢合え
D九州産鰆燻製皮炙りのお造り
E八寸(大豆と人参とこんにゃく煮、ワカサギ南蛮漬け、カラスミ、松葉蟹の手毬寿司、干し柿のバター包み、卵のカステラ、蛸の柔らか煮、サーロインのうるい巻き、青味大根)
F金目鯛の焼き物 紅白なますと蓮根の小豆詰め添え
G宍道湖産白魚とタラの芽、ゆり根の天ぷら
H牛肉の時雨煮、ジャコ、海苔の佃煮、広島産コシヒカリご飯、シジミ味噌汁、香の物
Iヨド大根とクジラの煮物
デザート…あまおうゼリー寄せと黒豆

奇をてらった物もなく、「これは何だろう…?」「どうやったら、こんな料理になるのだろう?」と言う感想を抱かせる物もなく、昔から食べ慣れた一品ばかり。
ただし、とっても丁寧に作っている。出汁は抑えめなのが少し物足りないけど、塩味は薄めで私好みでした。

こう言う店は、近所の会社の接待に使ったり、食事しながらの打ち合わせだったりするのだろう。そんな感じの男性客がニ組ほど。

美味しいけど、何だろう…。「花楽」みたいな技あり店を知った身としては物足りない。「とく山」のような吸引力にも欠けるかなぁ。

店の板長もお弟子さんもとっても感じ良い。お客さんとの距離感もよく、居心地はとってもいいです。典型的な日本料理が食べたい人にはオススメです。
posted by Yuko at 23:15| 食歩:日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする