2022年09月26日

本日のメニュー

≪お知らせ≫
◎17:00-21:00(L.O.)22:30閉店(日・月・木定休日)
※ 席のご予約もテイクアウトも電話にてお願い致します。
◎ビニールカーテン、検温、消毒セット設置し、ソーシャルディスタンスをとっています。入店の際は、マスク着用で引き続きよろしくお願いします。
〔インスタグラムに料理と陶器の写真を時々アップしています(Yuko.kitchen5)〕

≪9/27(火)・28(水)・30(金)・10/1(土)のメニュー≫
◎ワラアイナヴ(レバノン)
中東一帯で作られている前菜です。スパイスや松の実など加えてご飯と葡萄の葉で巻いて重ね、煮込む料理です。肉が入ると温めて。入らないと冷たい前菜のなります。今回は肉が入らないマハシです。柘榴のソースで煮ます。
◎スパイシービーフ ライス添え
モロッコを旅してたとき、蜂蜜と胡麻が売られているのをたくさん見て、そこから思いついたメニューです。モロッコとは程遠いですが、根強い人気の定番メニューです。
◎鴨のコンフィの細切と佐渡産天然ムラサキヤマドリ茸とポルチーニ茸のソテー(フランス)
佐渡から送ったムラサキヤマドリ茸とはポルチーニ茸の一種でとっても美味しい。今回が最後になります。野菜のニンニクソテー添えで。
◎子牛のミートボールと佐渡産ジロール茸とブラウンマッシュルームの煮込み(フランス)
佐渡からの天然のジロール茸を使って。贅沢な煮込み。これも今回が最後になります。ショートパスタ添えで。
◎リヨン風オニオンのタルト(フランス)
3種類のチーズもたっぷり入ってます。大人気のほぼレギュラー料理です。
◎サーモンの三段トルテ仕立て(イタリア)
サーモンと、フェンネルグラタンとシーフードグラタンの三段。
◎鰯の詰め物(イタリア)
鰯の中は、ほうれん草とチョリソペースト。
◎野菜8種類の重ね焼きオムレツ(イタリア)
定番ですが、野菜は秋の野菜も入ります。
◎米茄子のもち豚のラグー包み(イタリア)
バジリコとパルミジャーノでオーブン焼き。
◎パプリカの野菜包み 干し鱈のクリーム煮ソース添え(スペイン)
バスクでは、干し鱈のクリームグラタンをパプリカに詰めますが、ソースにしてみました。
パプリカには野菜ラグーと帆立貝、フォンティーナチーズ詰め。
◎豚の肩ロースとソーセージのチリンドロンソース煮込み(スペイン)
人参のマリネ、この料理のために取っておいた、スペインからの生ハム角切りを使って。パプリカ、オリーヴ等と。野菜のパスタ添えで。
◎墨烏賊の墨煮 カタルーニャ風(スペイン)
ライスとアリオリソース添えで。
◎マルカへルゥ(チュニジア)
チュニジアの宮廷料理です。牛肉をアプリコット、ナツメヤシなどドライフルーツ4種類。松の実、ピスタッチオとソースで煮込んで。ライス又は、クスクス添えで。
◎チキンとモレソースのエンチラーダ(メキシコ)
チキンとモレソースをトルティーリャで包んで、ソースは、コリアンダー
緑のチレソースとチーズで仕上げて。
◎コフタカリー ライス添え(インド)
ラムのミートボール、茄子、ほうれん草、トマトのカリー。
◎渡蟹のカリー 海老の炊き込みご飯添え(インド)
フレンチスタイルで蟹のソースで仕上げています。根強いファンが毎回〆に注文されるので、このカリーは作り続けています。無いと文句言われるし…。

≪冷たい前菜≫
◎南仏風 ガスパチョ(フランス)
ガスパチョは今週で終わりです。
◎塩豚のマリネ(フランス)
◎タコと野菜のプロバンス風(フランス)
◎無花果のアーモンドとチーズムース添え(フランス)0
◎パレルモ風カポナータ(イタリア)
◎ザジキ(ギリシャ)
◎茸のマリネ(イタリア)

≪デザート≫
◎チョコレートムースと焼きバナナのタルト(イタリア)
◎林檎の赤ワイン煮とマロンクリームの2段タルト(フランス)
◎桃の赤ワイン煮(フランス)
◎珈琲とラム酒のパルフェ(フランス)

メインディッシュ15種類以上(1350円〜2350円〕
、ピンチョ13種類以上〔1個350円、冷たい前菜(1450-1950円)6種類。デザート数種類用意させていただきます。
※ご予約・ご来店をお待ちしていますm(__)m
posted by Yuko at 19:18| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする