2021年09月20日

本日のメニュー

≪お知らせ≫
◎引き続き引き続きの緊急事態宣言…ディナー・テイクアウト共に、営業時間は16:30-20:00(日曜・月曜・木曜定休日)です。
今後、政府の発表により変更することもあります。ご了承くださいm(__)m
◎ビニールカーテン、検温、消毒セット設置し、ソーシャルディスタンスをとっています。入店の際は、マスク着用でよろしくお願いします。
〔インスタグラムに料理と陶器の写真を時々アップしています(Yuko.kitchen5)〕

≪9/21(火)・22(水)・24(金)・25(土)のディナーとテイクアウトのメニュー≫

◎海の幸のケーキ仕立て(フランス)
蟹、鱸、貝類とアボカド、ほうれん草、パプリカのピュレ他重ね焼き。ルバーヴとトレビスのバイオレットソース添え
◎パプリカの鴨のコンフィ詰め(フランス)
塩豚とベーコンとフォンドヴォーのソース煮込み。
◎リヨン風 オニオンタルト(フランス)
2週間作らなかったら、リクエストが…。やはり、無いとダメなのか…。
◎ブランダードのグラタン 3種類のチーズ焼き(フランス)
干し鱈とマッシュポテトとチーズと。
◎カジキマグロのバジリコ、パルミジャーノ、野菜のピュレ包み ドライトマト、ムール貝、タプナードソース(イタリア)
ブロッコリーのニンニクソテー添え
◎ボローニャ風 米ナスと牛肉と牛テールのラグーソース重ね焼き(イタリア)
◎ベジタリアンのラザニア(イタリア)
野菜11種類のラグーとパルミジャーノ、グリュエールチーズ焼き。
◎ポルチーニ茸と牛ミンチのミートボール 根セロリとブラウンマッシュルームのオーブン焼き(イタリア)
ブロッコリーのニンニクソテー添え
◎マドリッド風 カジョス(スペイン)
牛胃袋と香味野菜、イベリコチョリソの煮込み
◎変わりタシケバヴ(トルコ)
ラムミンチのスモークコフタケバヴとナスとトマトの煮込み ウルファ風
◎スパイシービーフ ライス添え
37年作り続けているレギュラー料理ですが、重ね焼きオムレツ同様時々作る程度の登場。長年通ってくださるお客さんに、このスパイシービーフや重ね焼きオムレツを最初食べた時の話をよくされます。そんな日が続いたので、また、久々の登場。
◎ジューベッチ(クロアチア)
もち豚肩ロース焼きとパプリカ、ネギ、ベーコン、トマトソースのオーブン焼き。
◎マルカへルゥ(チュニジア)
牛肉とナッツとドライフルーツ、オレンジなどで煮込んだリッチな料理です。クスクス添え。
◎チキンのエンチラーダ モレソース詰めて(メキシコ)
トルティーリャに細く裂いたチキンとチョコレートとチレとナッツなどを使ったモレソースを包んで。ソースは、先週と逆で、緑のチレソース仕上げ。
◎海老のムケカ(ブラジル)
海老とココナッツ、カシュナッツ、干し海老と青唐辛子のムケカ。ライス添え。これもバイヤ料理です。
◎渡蟹のカリー ライス添え(インド)
フレンチスタイルで蟹のソースで仕上げています。根強いファンが毎回〆に注文されるので、このカリーは作り続けています。無いと文句言われるし…。

≪冷たい前菜≫
◎ガスパチョ(フランス)
◎無花果のチーズとアーモンドのムース添え(フランス)
◎プロバンス風 蛸のサラダ(フランス)
◎プロバンス風 鰯のマリネ(フランス)
◎パレルモのカポナータ(イタリア)
◎茸のマリネ(イタリア)
◎ザジキ(ギリシャ)

≪デザート≫
◎洋梨の赤ワイン煮(フランス)
◎黄桃とアーモンドプードルとプルーンのチーズタルト(フランス)
◎珈琲とラム酒のパルフェ(フランス)
メインディッシュ15種類以上〔950円〜2150円〕
、ピンチョ13種類以上〔1個350円、冷たい前菜6種類。デザート数種類用意させていただきます。
予算1人平均7500円(税込)前後。

※ご予約・ご来店をお待ちしていますm(__)m
posted by Yuko at 17:21| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする