2022年06月23日

本日のメニュー

≪お知らせ≫
◎17:00-21:00(L.O.)22:30閉店(日・月・木定休日)
※ 席の予約は電話にてお願い致します。
◎1984年5/8 この西麻布に当店はオープンしました。料理全て1人で作り続けて、店は38歳になります。39年目に突入しました。(6/15日の立ち退きだったのですが、大家さんと地主さんがどうやら裁判中らしい。大家さんからは何の説明も無い。酷すぎる!当分(多分1年くらいかな)延長になる。一体どうなっているやら…)
◎連休明けよりガスパチョを作っています。スペインのガスパチョでなく、南仏のガスパチョです!
◎ビニールカーテン、検温、消毒セット設置し、ソーシャルディスタンスをとっています。入店の際は、マスク着用で引き続きよろしくお願いします。
〔インスタグラムに料理と陶器の写真を時々アップしています(Yuko.kitchen5)〕

≪週後半 6/24(金)・25(土)のメニュー≫
◎ティンバル型のトリコロールフラン 白い野菜のピュレソース添えで(フランス)
海の幸とやさいの3色のフラン。ネギのピュレと生胡椒のクリームソース。
◎烏賊の野菜詰め 生雲丹のソースとマグロのクネル(フランス)
烏賊とクネルと盛り合わせです。ショートパスタ添えで。
◎海老のバスケーズ(フランス)
バスク風のズッキーニ、パプリカ、マッシュルーム、エスペレットとハーヴとトマトで煮込んだ、チキンとの煮込みが定番郷土料理ですが、海老を使いました。ライス添えで。
◎国産牛テールの赤ワイン煮込み(フランス)
ドーフィネ風ポテトの重ね焼きクリーム煮込み添えで。
◎リヨン風オニオンタルト(フランス)
グリュエール、コンテ、フォンティーチーズ入り。このタルトも無いとがっかりされるので、作る機会が多いです。
◎鴨のコンフィの細切とトリッフと2種類のマッシュルームソテー(フランス)
ブロッコリーとインゲンのニンニクソテー添えで。
◎鰯のポーピエット(フランス)
鰯の中に叩いた鰯を包んでポーピエットに。トマトのプロバンスソースとドーフィネ風ポテトの重ね焼きクリームに添えで。
◎金目鯛バイヤ風(ブラジル)
海老、干し海老、カシュナッツ、ココナッツ、青唐辛子類を使ってソースで。ライス添え。
◎ボローニャ風 茄子と牛肉ラグーの重ね焼き(イタリア)
パルミジャーノ焼き。
◎チキンとモレソースのエンチラーダ 赤いチレソースとチーズ焼き(メキシコ)
今回は、トルティーリャの中にモレソースを入れて、赤いソースにしてみました。
◎墨烏賊の烏賊墨煮込み アリオリソース添え(スペイン)
ライス添えで。
◎干し鱈のトルティーリャ バスク風(スペイン)
◎ベジタリアンのムサカ(レバノン)
茄子とズッキーニとトマト、ザクリソースガルバンゾ豆。
◎牛肉とプラムとオレンジのタジン(モロッコ)
クスクス添えで。人気料理で、先週で売り切れ。今週も作ることにしました。
◎コフタカリー(インド)
ラムミンチのミートボールケバヴと野菜のカリー。ライス添えで。
◎渡蟹のカリー ライス添え(インド)
フレンチスタイルで蟹のソースで仕上げています。根強いファンが毎回〆に注文されるので、このカリーは作り続けています。無いと文句言われるし…。

≪冷たい前菜≫
◎南仏風 ガスパチョ(フランス)
◎無花果のアーモンドムース添え(フランス)
◎塩豚のディジョン風マリネ(フランス)
◎蛸と人参のマリネ(イタリア)
◎ザジキ(ギリシャ)
◎茸のマリネ(イタリア)

≪デザート≫
◎80%カカオのチョコレートとベリーミックスとラム酒のタルト(フランス)
◎マンゴの白ワイン煮とマスカルポーネチーズタルト(イタリア)
◎マチェドニア マロンクリーム添え(イタリア)
◎珈琲とラム酒のパルフェ(フランス)

メインディッシュ15種類以上(1350円〜2350円〕
、ピンチョ13種類以上〔1個350円、冷たい前菜(1450-1950円)6種類。デザート数種類用意させていただきます。
※ご予約・ご来店をお待ちしていますm(__)m
posted by Yuko at 18:12| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする