2015年03月15日

美容室をかわる。

現在行っている美容院を変わるのって、少し勇気が入る。
悪いなぁ…と思うし、だからと言って、いろいろ理由だってある。

家から遠い。
自宅は南青山だし、店は代官山だから近いじゃないと言われるかもだけど、時間を作るのが大変なんだから、ロスタイムは少なくしたい。

時間だけなら変わるほどの理由にならない。相性のいい美容院を探すのは難しいし、エネルギーもいる。

カットしたばかりの時は現在の美容院で満足していた。
しかし、それは、プロのブローがあって、カットした時は形良く仕上がっている。
その後、一度自分で洗髪した時は、顔の周りの毛先が跳ねる。耳の後ろの毛が跳ねる。
ブローに時間をかければ何とかなるが。一年位前まではブローしなくてもまとまっていたのに。

私の髪が、よる年波のせいで、毛が細くなったせいだから、致し方ないと思っていた。
そして、真ん中分けしているのだが、右と左の髪の分量が明らかに違う。
それも、よるとし並みのせいかも。
右と左の長さが違う。それは、いつも自分でカットしている。

そんなことが、少しづつ少しづつストレスになって行って、ポエムM氏夫人のMMちゃんがいつも褒めている美容師さんを紹介してもらうことにした。

病気か何かの理由で一年間美容師を辞めていて、現在は原宿で一人でやっているというMさんだ。

Mさんのことを
ネットで検索すると、カリスマ美容師とか、カットが天才とか…。

家から歩いて15分の美容室は、かつて私が住んでいたアパートから歩いて1分かからない。
しかも、出身地が近い。私は生まれて2歳までしかそこには住んでいなかったが、八ヶ岳の麓の風光明媚な大好きな所だ。

私が希望したことは、毛先がいつも跳ねるので、改善できたら嬉しいということだけだった。

カットして頂いて、数日経つが、ブローしなくとも、顔の周りの毛先が跳ねることが全くない。
毛先は顔にピッタリ張り付くようになじんでいる。耳の後ろの毛もはねなくなっている。
髪の分量も右と左が同じ。

前髪にボリュウムが無いのが欠点だと思っていた。前髪を多くしてくれている。多くしても横に流れて無駄と思っていたが、カットの技術のせいかそれもないのだ。

髪は多い方だが、帽子を被ると頭頂がぺったんこになる。
「上にボリュウムをあげておきました」
と、確か言っていた。そうか、だからだ。
帽子を取ってもボリュウムがある。

カットの天才って、こういう人を言うんだなと、感動した。
ブローしなくても手櫛でまとまる。
髪のストレスが全く無くなった。

今までの美容師の方も、とっても有名な方だったし、センスも技術も良かったのだが…。

Mさんとの感覚が似ていたのか。相性の問題なのかもしれない。多分、そうだろう。

仕事って、プロの仕事ってこういうことなんだと。いい仕事をするとはこういうことなんだと。

私も、気を引き締めなければ…。
posted by Yuko at 18:57| 日記:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする