2020年03月26日

フランス料理「麻布レトロ」と代官山「On The Hill」

不穏な時期、自粛自粛とは言うけれど、経済が動かないだけでなく、神経が参る。
閃輝暗点(センキアンテン)という、聞きなれない病気?症状になった。

目の横にキラキラ光るノコギリ状の光が見えたるのだ。20分くらいで消えて、その後は、なんとなく、頭が重い。それもすぐに治る。そして正常に戻る。
2日の間に2回あったので、眼科に行ったら、原因は、自律神経と副交感神経のアンバランスだとか。要は、ストレスらしい。そりゃあ、誰でも、この時期、ストレスいっぱいだよ。

充分気をつけて、ストレスも取り除きたいし、で、食事をしに行く。
1人でとか、2人でとかで切り盛りしている店に応援がてら行く事にしている。

人の事より、お前のとこはどうなんだーと、言われそうだが、うちも影響は大。それでも、有難い常連さんが来てくれている。

自宅で家族と食べるからと、テイクアウトをしに来る常連さんも今までになく多い。
有難い。

月曜は、「麻布 レトロ」に、バイトのMちゃんと行く。Mちゃんとは、元スタイリストで美容師で現在は木工作家のカツマさんにカットしてもらっている。
一ヶ月に一度福岡から来てカットしてくれるのだ。

その後は、一緒に食事やカフェに行く事が多い。
この日は、「朝日百科 週間 世界の食べもの」と言う、昭和54年に発行された、すっごい本を全巻、神保町の古本屋で手に入れたけど、引っ越すので貰ってくれないかと言って、送ってくれた。そのI君に、お礼の為の食事会でもある。

日本版と中国版はアキちゃんに。
私が頂いたやつは全て(ヨーロッパ、中東、アフリカ、南北アメリカ)持っているが、読みすぎてボロボロ。なのでコレは嬉しかった。

I君のリクエストが「レトロ」だった。
しかし、来ない。
電話したら、「豆源」にいると言う。
「豆なんか買ってないで、時間(予約は19:30)過ぎてるんだからサッサと来んかい!」
「すぐ行きます!」
イカンイカン。
今日は招待するんだから、感謝を込めてね〜と、自分を宥める。
豆源からは歩いて2分の場所。15分過ぎても来ない。遅すぎる!

ま、こんな事を何回もやりとりして、更に表通りまで迎えに行って、やっと到着したのは、40分後だった。
方向音痴の男性は何人か知っているけど、見栄はらないで、「迷ってる!」と、言って欲しいなぁ。ナビ作動する事もしないくらい焦ってるんだわ。

手間かけやがって…イカンイカン。感謝を込めて…。

新型コロナの影響があるかと心配したが、10人強くらい入っているみたい。
しかし、シェフ1人で作るのだから、時間がかかる。
Mちゃんは神奈川県に帰らなければだし。駅から更に自転車でだし。料理が出て来るのが滞りがち。

結局、デザートまで食べられず、後ろ髪引かれながら帰る羽目に。
料理は、いつも通り美味しかったよ〜!

そして、今日は木曜日。
ママタルトのエンさんの息子さんがやっているダイニングバーの代官山「On The Hill」へ。
エンさんが亡くなって、一年半だ。ズーッと前のような気がする。
時々は顔を出したいとは思っているが、今年初めてだ。

休みは、ゆっくり食事が出来るレストランか料理屋に足が向くので、お酒主体の店にはどうしても…。昔は、ハシゴしていたが、もう、胃袋に自信がない。お酒も1〜2杯程度だしね。

イタリア関係の仕事をしているマンジャーレと待ち合わせた。
マンジャーレは、この店は初めてだ。食事を簡単にして、狭山まで帰らなければならない。両親の介護やサポートもあって、実家でテレワーク中。

心配したが、私たち以外、2組のお客さんがいらした。
やはり、常連さんはありがたいと言っている。

カヴァを頂いて、前菜とパスタを食べて、早めに帰ることに。
「遅くなっても構わないんだけど、母が、起きて待ってるのよ〜。先に寝ていてと何度言っても起きてるのよ」と。
エンさんと殿の仏壇にお線香をあげさせて頂き、恵比寿駅に向かう。

駅付近はそこそこ人がいるが、歩いて行く道道、ほとんど人に行き交わない。

早く日常が戻りますよに。







posted by Yuko at 23:15| 食歩:フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする