2019年11月03日

東麻布「ビストロ チック」〜「レトロ」

古いお客さんでよく食べ歩いていたDちゃんと朝10時に待ち合わせて、チズ工房から出来上がった素焼きを持って、店に11時半に着いた。

Dちゃんも時々、工房で陶芸をやりに来る。と言っても2度ほど。初心者だから、教えながら私も作るのだが、元々、私が陶芸を始めた頃から作品を見てるので、影響されたのか、似たものを作る。

今日は、店で絵付けを一日中やることにした。
Dちゃんは、プレートに、スペイン語で(この家の隅々にまで神の祝福がありますように)と描いた文字に色を入れていくのがやりたいという。しかも、私が下描きしたやつに色を入れるのは自分でやると言う手抜き陶芸だ。半分以上手伝う羽目になった訳だ。

描き始めて分かったようだ。
「これって、ものすごく時間がかかるね」と言う。
私が今描いているのは、30センチの丸いプレートで、タンポポのモチーフで描いている。私のこの絵は途方も無い時間がかかる。細かい柄に、さらに何度も乾いては塗ると言うのを3度ほどやるからだ。しきりに感心してる。

没頭する。
没頭するけどお腹が空く。
夕食は何を食べよう?になる。
仕上がりの先が見えた頃、とく山に電話したら、団体が入っているとかで、20時なら…という。我慢できないからやめる。
中国飯店も20時ならと。

行きたい店はほとんどが日曜休み。
仕方ないので、シャンパンと前菜だけしか食べたことがない東麻布の「ビストロ チック」に電話すると、何時でも大丈夫と言う。
18時半に予約して、ギリギリまで絵付けして完成させて、タクる。

雰囲気の良い店だし、感じ良いけど、タルタルステーキが、生でなく、これじゃあ、タルタルじゃない。美味しくない訳じゃないけど、物足りない。
サラダは美味しいけど。

メインは後でもいいというので頼んでいないので、注文済みのパスタまで頂いて、帰ることにした。

Dちゃんが、やっぱりとく山に行きたいと言うのだ。
私は、もう、デザートしか食べられないと言うと、僕は全然食べられるから行こうと。それに、今からだと2回転目だから、軽くでも大丈夫だと私を説き伏せる。

「じゃあ、まだ、19時半だから、歩いてお腹すかせて行こう。途中から、交渉してみる」
寄り道しながら歩くことにする。

途中、ここがレトロだよと指差す先に、灯りが煌々と点いてる。おかしいなぁ。日曜休みなのに。そういえば、予約があれば日曜もやりますとは言っていたけど…。

ドアをちょっと開けて見た。
お客さんが入ってる。ドアを閉める。
「どうよ?」と、Dちゃん。
「お客さん入ってる。見て見て!」
今度はDちゃんがドアを開けると、ソムリエの緑子さんと目が合った!
「やってる?食べてきて、二軒目で、そんなに食べられないけどいい?」と言うと、大丈夫と。

カウンター席に座って、それからは、Dちゃんは酒好きだからどんどん呑む。前菜を2種類頼んで、デザートは3種類頼んで、なんだか楽しい1日だったなぁ。

Dちゃんは、レトロが殊の外気に入ったようで、ここが二軒目で良かったと嬉しそう。
追加でキッシュまで食べてた。

帰り際、シェフが小さな声で「今日やって良かったぁ」と、呟いたのが可愛かった。

しかし、久々にレストランハシゴしたなぁ〜。


posted by Yuko at 23:31| 食歩:フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする