2019年10月03日

日本料理「とく山」

やはり、料理屋でもレストランでも最初に行くときは、そこの常連と行きたいと考えるらしい。
私は、そんなことは全くなく、どこでも普通に予約して行くのだが。だから、その心情が理解できない。

今回は、初めてじゃないのに、うちの店に来る度、また連れて行けとうるさいY君。
そして、今回初めてのA-tvのTさんと豊乳豊食姉妹の妹Yちゃんと4人で、とく山へ。

Y君が店の外で待ってるしぃ。
普通、中で待ってるもんだけど。そんなに敷居が高いのかしらん。すっごい高級店に行ってるはずだけどなぁ…。わからん。

それぞれ飲み物を注文して、料理も突き出しをいただきながら考える。
@シメジ、春菊、黄菊白和えとジャガイモ饅頭の鴨のつみれ入りの2種類の突き出し
A揚げ無花果 黄身酢
Bボタン海老醤油漬けとイクラ
C生湯葉とウニのジュレ掛け
D松茸とフカヒレの茶碗蒸し
E松茸の土瓶蒸し
F牛リヴロースの九条ネギ巻き タレ焼きと卵の黄身添え
G秋刀魚
H鱧のつけ焼きと牛蒡の炊き込みご飯
Iオカズ(鰹のお造り、塩辛、雲丹)お味噌汁と香の物
デザート…レンコン餅の黒蜜添え、黒糖アイスと餡子添え

まぁ、顔ぶれ見れば、食うな!と、判断したんだろうなぁ。いつもよりたくさん出て来る出て来る。途中から、TさんとY君をダイソン(掃除機)にして、振り分けて少しづつ食べてもらう。
そうしないと最後のデザートまで辿り着けないのよ。

デザートは別腹ではあるけどね。

それにしてもお腹がいっぱいダァ!


posted by Yuko at 23:06| 食歩:日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする