2019年02月25日

日本料理「花楽」

定期的に食事をしている食いしん坊の3人。
経済I氏とIT-O氏と「花楽」で待ち合わせ。

赤坂のオテルオータニ内で髪をカットし終わると、約束の10分前。
急いで行く。5分遅刻で到着!
I氏は来ているけど、O氏はいつもの遅刻。

待たないで食べ始める。
@飛竜頭(百合根、花びら茸、金時人参)
優しい味で、しかもしっかりしていて、なんとも塩梅がいい。
食べ終わった頃、O氏到着。

Aノレソレと穴子の酢味噌和え 柑橘ジュレ 花穂紫蘇 菜の花添え
これもいいね〜。
I氏が、「何でノレソレなんだ」と。そうだね。変な名前だね。穴子の子供だから、「穴子っこ」とかにならなかったのかなぁ。ネット検索すればいいものを、聞いてみる。
慌てて「聞いて来ます!」と、仲居さんが奥に走った。

どうやら、イワシやアジなどの子魚を獲る際に、この穴子の子供も網にかかる時がある。ピチピチしている魚の上に乗ったり反れたりスベってる様子から、「乗れ反れ」「ノレソレ」と言われるようになったそうな。諸説いろいろあるが、一般的に言われている理由がこれだとか。あら、美味しいだけじゃなく、勉強になっちゃったねぇ。

B雪割り椀(あさり、長芋、京かぶらのすり流し。グリンピースの豆腐とワラビ添え)
優しい味ダァ。ほっこり美味しいね。みんな静か。

C鰤大根(鰤の皮をカリカリに焼いたお造りに醤油フレーク、塩チリ酢)とおろし大根と一味
この皮のカリカリが何とも言えない!

D五色揚げ(金時人参の梅煮、蕗の薹、金柑、黒豆、海老芋)山椒塩添え
「黒豆の天ぷら?!金柑を揚げるなんて初めてだなぁ」と、食べ物の話しかしないねぇ。

E蛤の葛煮 そら豆 竹茗荷 松藻
これもいいね!

Fクエ鍋 (クエ、粟麩、巻き湯葉、下仁田葱)
クエの皮をカリカリに焼いて処理してあり、香ばしくてすっごく美味しい!
スッポンは拒否してクエにしてよかった。スープが美味しくて止まらない。かなりお腹いっぱいになって来たから、隣に食べてもらう。

G三輪漬け(紅芯大根の薄切りの柚子との酢漬け)
わお!大好物!出ました!これはみんな好きだね。

H鯛茶漬け
鯛茶も大好物。予約時にリクエストしておいたのだ。美味しい〜。

I花楽餅の味噌白餡と苺の汁粉
花楽餅が美味しいと隣のI氏がしきりに言う。私の餅を取ろうとするので死守する。板長に訴えると、笑いながらお代わりしますか?と。I氏、お代わりしてるしぃ。

この甘味の皿は板長作。
陶芸に誘ったら、ハマってる様子。さすが、細かい作業の多い料理ばかり作っているから、陶芸も初めから作業が繊細。
まだ数ヶ月なのに、すでに、ベテランの域だ。

食べ終わる前から、I氏は眠そう。早朝というか夜中の2時に起きて、仕事してて、夕方は、テレビに出てたしね。お勘定してもらう。

すると、O氏が、今日は3人で食事なんだと、奥さんに言うと、メンバーを聞いた奥さんが、「じゃあ、今日は早く帰ってくるね」と、言ったそうな。
そうです。
私たちは、食べてるか、喋ってるか。食べ終わるとさっさと解散なんだ(^^)
それでも居心地いいんだなぁ。
19時予約して、22時前には自宅に着いてる。
posted by Yuko at 23:22| 食歩:日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする