2018年01月11日

河豚「とく山」

ホセとあきちゃんと新年会。
とく山をリクエストされた。

2日に行ってるのだが、その後、沖縄に行ったせいか、久々のとく山のような気がしてる。

仕込みを終えて、19時半の予約のため、支度していると、メールがホセから。

ランチに食べた牡蠣フライにあたったらしい。
牡蠣は、それはそれは威力がある。
しかし、1日経てばケロッと治るのがほとんどだ。

ガリシアからマドリッドに夜行列車の個室を取って行くとき、トイレとお友達状態だった。ガリシアの魚市場の牡蠣だったのだが、牡蠣は、どんなに新鮮でも、体調だったり、運だったり、当たることがある。

マドリに着いた時は、頬がこけていたっけ。

とく山に迷惑かけるわけにはいかないから、あちこちメールして、近所のケイコちゃんをゲット!
「今日は、どこで食べようかって思ってたとこだったんです!」と、仕事終わりが遅めのケイコちゃんは嬉しそう!よかった!

ケイコちゃんも牡蠣にあたったことがあるらしく、以来、生牡蠣は食べないとか。私は、懲りずに食べているけどね〜。

あきちゃんとは、ほとんど初対面だけど、ま、いいか。

「もっと早く誘ってよー!行きたーい!」
「行きたいのは山々なんですけど、仕事が終わらないー」

そんな返信を見ながら、すいません、食べ始めます。

@帆立真丈と河豚皮の茶碗蒸し
A本鮪と雲丹
B牛ロースの九条ネギ巻き焼き
C河豚の唐揚げ
D河豚の皮シャブ
この皮シャブは2人とも初めだと言う。山芋とトンブリ、荏胡麻などで作ったタレとポン酢と2種類のタレでいただく。野菜が多くてヘルシー。このスープで卵とじを作ってもらって、ご飯にかけて食べると、最後まで楽しめるのだ。

E塩辛、イクラ、雲丹、ネギトロ、海苔のセットと白いご飯と香の物
F皮シャブスープの卵とじ
Gほうじ茶アイスと餡子
H杏仁豆腐

ホセには申し訳ないが…大満足!
堪能しました。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!
posted by Yuko at 23:00| 食歩:日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする