2018年01月02日

日本料理「とく山」

年末の29日(金)30日(土)の二日間は、朝から夜まで仕込みをして、大晦日の31日(日)と元旦の二日間は、テーブル作りをした。テーブル作りはこれで最後にしたいと思う。

2日も早朝から夕方まで仕込み。

なんで新年は9日からの営業なのにそんなに早くからと思われるかもしれないが、1人で何もかもやるということは時間がかかるのだ。
漬け込む肉や料理とかも多い。
事前にやらねばならない、しかも、時間がかかる仕込みばかりやっているせいもある。

今日は、やっと諸々の事が片付いて、夜は、美人豊乳豊食姉妹と当店初期からの常連のKさんと4人で、とく山に。

とく山は毎年2日から始まる。
その2日は毎年大体同じメンバーで行く。

今日は、遅めの予約。
店で、シャンパンを飲みながら、早めの5時あたりから食事をしているお客さんが帰るのを待つ。
19時半過ぎに連絡があったので、歩いて2分のとく山へ。

以前は、冬は河豚屋だもの。河豚しかなかった。しかし、ここ2、3年は、夏期同様日本料理+河豚を出している。そのせいか、いつもはすんなり入れたのが、混むようになったみたいだ。

河豚はもちろん美味しいけど、河豚だけっつうより河豚も、っていうのが嬉しいよね

@柿と栗と生麩、春菊の胡桃和え、イカ団子とこんにゃくソーメンの2種前菜
A蒸し鮑と雲丹のジュレ
B牡蠣フライ
三陸産の大きな牡蠣で、食べ応えある。

C牛肉ロースの九条葱巻き焼き
定番で、これはいつも注文する。

Dセイコ蟹の醤油漬け
E塩辛とイクラ
Fマグロと雲丹のお造り
G河豚の唐揚げ
河豚は、唐揚げが一番好き。

H牛肉のそぼろと牛蒡と山椒の炊き込みご飯と香の物
この組み合わせ。最高!

I栗の渋皮煮、栗蒸し羊羹、栗のババロア、ほうじ茶アイスと餡子添え
コレ全部食べたわけではありません。私が頂いたのは、ほうじ茶アイスと栗の渋皮煮だけ。

やっと、休みになった気分だ!
とことん頂いて、美味しくて満足ぅ!


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!


posted by Yuko at 22:00| 食歩:日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする