spacer.gif

2017年08月04日

Mllano-Aosta-Cogne

ミラノで一泊して、仕入れした荷物をホテルに預けて、小さなスーツケースも軽くなってアオスタに向かう。

前に来た時は電車で二回乗り換えて行ったのだが、今回は、帰りに電車で戻ることにした。
行きは、トリノまでItaloで行く。トリノからバスに乗り換えて、アオスタまで。ミラノから約3時間で到着。

ホテルは駅の近くのPageotに一泊だけ。
ここも便利だが、前に泊まったホテルがもっと便利。
場所を覚えていたので、行ってみると、名前が変わって、中も改装されてもっといい感じ。
コンセルジュが10分で戻ってくるから、待ってる間にネットで調べる。

アレ?!
直接予約した方が断然安い。
バスも付いてる素敵な部屋に予約した。残りの2泊はここ、Hotel Duca D'Aostaに。

ホテルも決まったし、帰りの電車も決めて、町を歩く。

昼食は、Pretoria門を入ってすぐのTrattoria pretoria へ。
とにかく野菜が食べたかったので、サラダを2種類とフルーツを。イタリアは野菜不足になる。辛いものと野菜がとにかく食べたくなる日があるのだ。
ここでリセットする。

ここまで、とにかく歩いて、毎日移動したせいか、疲れたのか。夕食もしないで10時間も眠ってしまった。

リセットも効いたのか、いい具合にお腹も空いた。

翌朝、荷物をDuca Hotelに預けて、バスで1時間のCogneコーニュへ。

アオスタは朝夕は18度くらいで涼しいけど、昼間は30度以上になる。さすがに、コーニュまで登って来ると、昼間も涼しい。

拓けた景色が清々しく、ここは再訪したいと思っていたのだ。

そして、もう一度、来たいと思っていた店がある。
今日は、そこでランチ。

Bar a Fromage(rue grand paradis 21)
チーズ料理のレストランだ。

ここで見た、簡単な草と野の花が描かれた四角い白い皿。それが、とっても、この店のカメリエーラの制服の可愛さと合っていて、印象的だった。

そして、やっぱり陶芸をやろう、自分で皿を作ろうと決心したのだ。

チーズ大好きだし、北のコクあるクセあるチーズが特に好き。思いっきり食べたい。ここまで足を運ぶ価値ありなのだ。

いつも通りスプマンテをいただいて…。
1.La polenta e brossa
2.La boucouno' (lo spuntino a base di formaggio)

1.ポレンタにフォンティーナチーズ他クリームで伸ばしたものがたっぷり。重いけど、すっごく美味しい!贅沢ダァ!

2.フォルテ(強い)チーズの盛り合わせ
コーニュのブルー、フォンティーナの数ヶ月ものが3種、ペコリーノ、エポワスなどなど。茹でたポテトと頂く。
蜂蜜や胡桃のペースト、プラムジャムなども添えて。

ほとんど完食!
かなりヘビーだけど、大満足!

村を散策して、仕入れもして。歩かねば!