2017年01月09日

八百屋の良心

魚はもちろん築地で仕入れるが、洋野菜も築地で買う。
日々の野菜も、築地から早朝に届く。

それでも、買い忘れたり、メニューが作っているうちに気が変わったりで、買い物に走ることはしばしばある。

ナショナル麻布マーケットに行くことも多いし、日赤通りで買うことも多い。
たまに、広尾のナショナル麻布マーケット近くにある八百屋さんで買うこともあるが、ここでは、フルーツを買うくらいだ。

ここは、安いので品が無くなることも早い。だから、フルーツは新鮮だろうと見てたまに覗く。

紅玉は、築地で買うが、ない時も多いので、今日は紅玉があったので買うことにした。

積み重ねられた紅玉はプラスチックの仕切りに入ったまま積み重ねられていた。
一番上の段の奥に半分くらい残っていて、下にはまだ2段あった。

一番上から手に取ると、明らかに古い。
紅玉は傷みが早いので、カットすると、茶色くなってることがよくある。そんな時は、持って行って変えて貰えばいいのだが、私は泣き寝入り派だ。

築地から来る場合は、「腐ってたよー」と言えば、補充してくれるが。こういう店は感じ悪いことが多いし。

リスクがあるので、慎重に品を選ぶ。

下のを手に取ると明らかに新鮮で新しい。
もちろん下のを買った。

すると、店の店長らしき人が、「下から取ったら補充しておいてくれますぅ」と言うので、一応、はい!と返事しておいた。
「崩れちゃうしね」と、クドクド文句言ってるし。

しかし、崩れないと思う。
上にあった傷んだリンゴは奥半分くらいしか残ってないし。私が取ったのは、手前のリンゴ。崩れるわけない。

嘆かわしい。
普通、小売店の八百屋の方に「リンゴ一つ」と、言うと、いいのを選んで袋に入れてくれるもんだ。そうやって、信頼を得て、通うことになる。

傷んだリンゴを補充して並べたら、後から来た人がうっかり買ってしまうじゃないか。一部は凹んでいるのでまず間違わないとは思うけど。その前に、そんなリンゴを売るなと言いたい。

卵や牛乳を買う時は、あんただって日にちの新しいのから取るでしょ!いちいち並び変えて整理するかーい!
店の仕事じゃないか。
ああ、嘆かわしい…。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!
posted by Yuko at 15:44| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする