2016年06月23日

木曜日のニョッキ

うちの店は33年目に入ってる。
長い。
このブログもかなり昔から書いている。
木曜のニョッキの話は、昔も書いたが、それは、10年以上前だと思う。なので、今回も書こうと思う。

30年くらい前に、フィレンツェに行った時、肉の中でラムが一番好きな私は、フィレンツェのビステッカにも飽きていたので。
「アバッキオありますか?」と、カメリエーレに訊ねた。
「ここはフィレンツェだ。ローマに行け!ここでは、ビステッカを食べなさい」と、笑いながら言われたものだ。
さすが、現在は、そこまで郷土色が強くはないだろうが…。

それと似たような話で、ローマにいる時、メニューを見て、「ニョッキください」と言うと、今日は、水曜だから、明日来なさいと言われた。
???の私に、ローマでは、ニョッキは木曜日しか食べないんだと言う。
たとえメニューに書いてあったとしてもだ。

昔、キリスト教徒達は曜日によって食べるものが決まっていたそうな。(因みに、イスラム教徒圏では、金曜日に食べるデザートがある)

金曜は、バカラ(鱈)とか魚を。土曜は、トリッパ(牛の胃袋)と。
金曜日に軽い魚だから、前日の木曜は、お腹がいっぱいになるニョッキを食べる習慣になったとか。

当店木曜は定休日なので、今日は、セモリナ粉を使って、ドゥを寝かせて、明日仕上げることにする。
ニョッキをカンノーリの形にして、中身は、野菜たくさんのペーストと2種類のチーズ(パルミジャーノとフォンティーナ)を詰めて、ソースを作って焼く。ソースは何にしようか…。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!
posted by Yuko at 13:57| 日記:西麻布事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする