2016年06月02日

熟成牛肉専門ビストロ「Severe」

経済I氏から、先週電話があった。
「火曜日Oちゃんとランチするからジョインしない?!」と。

木曜以外の平日は、仕込みが多いので、火を止められない。木曜ならというと…木曜になった。

うちの店の3軒隣の表通りにオープンした、フランスが本店の熟成肉の店だという。

ペットO氏が店に顔を出したので、一緒に行く。
予約した本人のI氏が遅れている。電話があって、場所どこだ?と、訊くし…。
信じられない質問。
自分で、予約したし、場所だって、私に伝えたのは自分なのに。
お年頃なのね。

5分もしないで来た。

ランチでも、夜のメニューを注文できるとかで、ランチのサラダとパンとコーヒー付きのメインを夜のメニューに変えて、差額を支払えばいいらしい。夜のメニューを、そのまま注文することも出来るらしい。

私は、フランス産のバザスの雌のランプ肉を注文。
経済I氏は、北海道産仔牛の骨付背肉。
ペットO氏は、フランス産の腹身肉を。

前菜のサラダを頂いて、そこから結構時間がかかる。

I氏が昨日インスタにマザー牧場の花の写真をアップしていた。
「マザー牧場に行ってたんだぁ」仕事かと思ったら、花を愛でるためだったらしい。
に…似合わない。
しかも、見に行った花は「桃色吐息」とか。う…苦しい。

すると、ペットが、
「人→動物→花→無機物」と人は変化して人生を終えるんだという。

「そう言えば、秋山庄太郎先生も女性から最後は花ばかり撮ってたもんねー」
I氏は、今は花だけど、石とか愛でるようになったら、優しくしてあげよーっと。

それにしても、ランチなのに遅くない…。
「お前が脅かすからだ!」と、二人に責められた。

この店の前身に数ヶ月で閉めたイタリアンがあった。任されたイタリア人は、どうやら、私腹を肥やすべくボッてたらしい事を話したのだ。

犬の散歩をさせている人達中心に、近所では噂が行き渡ってるから、前の店とは関係ないと、言ったほうがいいよと。好意なんだけど。脅かしてないしぃ…。心外だわ!

そのイタリア人は…ここでイタリア料理店を任される前は、名古屋でも任されてやっていた。
悪い事はできないもので、うちの店の名古屋のお客さんが、ある日行ったら二人で9万近く支払わされたと。もう絶対行かないと怒っていた人だった。

それまでは、そこまで高くなかったのに、パーティーに招待したら、豪邸だったため、お金持ちだと思ってボッタくったのだ。

東京のこの地に来ても、ランチなのに、今日のグラスワインはこれですと言って、軽いパスタランチだったのに、6千円代だったとか。6万のワイン持ってきたとか、私が聞いただけでも結構あるし。

まぁ、今回やってる人は日本人だから、同じ経営とは思わないだろう。
店の名前も違うし、フレンチだしね。

同時にメインが運ばれてきた。
とってもシンプル。添え物はフライドポテトだけ。
肉はゲランドの塩だけで頂くそうだ。これも、フランス本店からの指示で、ホースラディッシュとか山葵とか、日本人に合わせる事はできないとか。
マスタードだけは用意してますという。

「そう言えば、肉の焼き方も聞いて来ないのは、アメリカと違って、フランスの方針?」と、I氏が訊いている。
どうやらそうらしい。
肉に合わせて、一番食べて欲しい焼き方ということか。

肉は、どれも歯応えがあって、味わいあり。肉そのものが好きな人向きだね。サシが入った日本の脂が多い肉はもたれるとか言う人向き。

ほんと、最近こういう店が多くなったね〜。

3人で分け合って食べる。
私達の意見は、やはり塩だけで食べ進むと飽きる。日本人としては変化が欲しくなる。
肉は噛み応えが特徴の熟成肉だし、よく噛んで頂くので、間が持たないのだ。塩だけだと山場がないから飽きるのだろうか。せめてホールスラディッシュかムターがあれば楽しいのにね。

狩猟民族好みの出し方だと思った。

I氏が、山葵とか持参したら使っていいかと、訊いてるし。なんと!見逃してくれるらしい。山葵か好みのムターとか持参することをお勧めします。

ランチにデザートは付いていないので、デザートメニューを貰うと3種類。
3人だから3種類頂いて、デザートも分け合っていただく。

I氏はチョコレートスフレ
ペットはフロマージュケーキ
私は、残った、ブランマンジェと赤いフルーツ添えを。

メインの肉と同じで、デザートもシンプルで、オーソドックス。もちろん美味しいです!

コレは何だろう!とか、ワクワクする料理ではないけど、安心の伝統的な店の印象だった。

シンプルに、胃にもたれない肉が食べたいという人には嬉しい店だと思う。


※スマホのブログを読んでいただいている方は、PC版にメニューをアップしましたから、上の《TOP》をタッチするか、下方にある《PC版を見る》をタッチして、《NEWS》《お知らせ》の中の本日のメニューを見てください!

posted by Yuko at 22:00| 食歩:フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする