2016年03月27日

フランス料理「クレモンティーヌ・ビス」

いやあ、焦ったわ!
まだ、昨日の出来事が夢のようだ。

陶芸教室に行く前に…。
(明日は築地だし、仕込みも多いし、でも、夕食は18時半だし、間に合わないといけないので、掃除や、ちょっとした下ごしらえもしてから…っと)
んなことも考えて準備して、夜は、陶器の絵付けをしながら、夕食も軽くしていた。

メールが…。
(道に迷って、少し遅れます!)と、美人豊乳豊食姉妹の妹Yちゃんから。
???あああ!!!

今日だったぁあ!
陶芸の後だから、きっちゃないカッコしてるし、バックだって持ってない!
トートバック掴んで、飛び出したとこにタクシーが!

「祐天寺!」
姉妹の姉のCちゃんに電話して、事情を話すと、笑って、Yも遅れてるから大丈夫だよと、優しい言葉。

店は住宅街の中。ナビを使ってもらって、すごい!日曜だから、道が空いてて、15分で到着!
おっしゃれ〜な店に似つかわしくないので、ちょこちょこ小さくなって席に着く。
「早かったねー」と、驚かれた。
Yちゃんも到着したところだったみたい。

でも、お腹いっぱいだし…ヒェ〜、二度目の夕食かぁ。昔はハシゴご飯は普通にしていたけど…。

アラカルトにした。

@温野菜のマリネ盛り合わせ
さっぱりして、今の私には嬉しい。

A名物ビストロ茶漬け
下にご飯が潜んだ、魚介のブイヤベースミニ版。これも、私にちょうどいい量だし、さっぱり美味しい!

姉妹が食べていたコース料理も味見。スープとかとーっても美味しい!

B桜のパフェ
桜のブランマンジェ入りの、底に餡子が。小さいパフェだ。これは、季節によって変わるとか。
イチゴだったり、スイカだったり、ブドウだったりと。
このデザートいいね!

やっと落ち着いて、店をゆっくり見渡すと、センスの良さが細かいところまで行き届いていることがわかる。
居心地もいい。
典型的なパリのビストロを再現していて、久々にパリにも行きたくなってきた。

シェフとソムリエが奥さんとか。
とってもお似合いのいい感じだった。

ひとつ、難をあげるとすれば、ギャルソンが×。
これは、3人の意見です。

イタリアンで再訪したいと思う店は日本では一つもない。
前菜は美味しくても、パスタは貧弱な店が多いし、満足した試しがない。

フレンチでは、何度も行く店は結構多い。
ここもお腹すかせて、再訪したいと思う

posted by Yuko at 23:00| 食歩:フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする