spacer.gif

2014年02月09日

新中国料理「頂頂」(ディンディン)

大雪の昨日は、迷った末、店を休業した。
近所のお蕎麦屋さんはさっさと帰るわよ〜と、ランチタイムの時点で言っていた。
が、どうしよう。予約が入ってるし。
夕方、予約が入っている方達に電話して確認してみた。
うち一組の4人で予約されていた方は、「金沢から行くんですよー。飛行機が飛ばないのでー」と言う。
「じゃあ、キャンセルですね?」
「はい」ってねー。飛行機が飛ばないのは朝からわかってるじゃない。さっさとキャンセルの連絡するだろ普通ぅ。

あと数組は、迷った末、日を改めると言う結果になった。
だろうなぁ。
なので、片付け始めて18時前に店を出た。
近所の店は営業するみたいだ。なんとなくコソコソ帰る羽目に。

しかし、表参道の店は、ほとんど休んでるし。
家に戻ると、ものすごいスピードで雪が降ってきた。


今日は晴れるといってたし、当然陶芸教室はやるのだろうと思い、行く気満々だったのに、休みになってしまった。
もっと早く決めてよー。だったら、昨日の教室に参加できたじゃない。

しかも、母が、究極入院することになったので、今日は、陶芸教室2回分消化して、明日は、母の元に行く計画を立てていたので、ガッカリだ。

素焼きが仕上がった皿を店に持ってきて、店で絵付けをする。
夕方は、待ち合わせの品川駅に向かう。

辻堂の新中国料理「頂頂(ディンディン)」に行く。
同時通訳のHさん、オペラTさん、常連のY君と4人で待ち合わせて、タクシーで湘南工科大学前に到着。

やだなぁ、また、Hさんったら、財布落としてるよ。
「財布おちたよー」と言うと、笑って拾って、汚れを私のスカートで拭こうとしてる。
「ちょっとぅ!何すんのぅ!やめてよー」
「だってこれ、拭くためにあるんでしょ!」
「?!ああああー」
やだ、私ったら、エプロンつけたままコート着てるわぁ!」

「あ、僕、電車の中で、『ユーこさんオシャレですねー』と言おうとして、見たら、裾が汚れたエプロンらしきものが見えたので、ファッションかなぁと、迷ったんですよ」とY君。
ちょっとぅ!早く言ってよー!

散々笑われながら賑やかに店にはいる。

あれ!?
今日の食べたメニュー書いたのに、書いた紙が…無い!何処かに落としたんだわ。お任せのメニューは20品近くあった。

くらげ、紅芯大根と貝柱の和え物、胡瓜と砂肝、茎レタス、空豆と金華ハム、白菜の黒酢漬け
海老の春巻き
牡蠣の焼いたの
雲丹のフワフワオムレツ
雲南省の汽鍋(白菜、大山鶏で水をいれずに6時間煮たスープ)
白子のソテー ピリ辛ソース
サーロインと白舞茸の黒胡椒炒め
帆立のチャーハン
ネギそば
カシスゼリーと白木耳のデザート

あああ!半分しか思い出さないよー。
相変わらず、美味しかったよー!