spacer.gif

2012年11月04日

鎌倉へ

店は3連休。
またまた鎌倉に行く。

常連のKさん。そろそろ、お寺に足を運ばなくてもいい頃だけど、O法師にお経をあげていただくと楽になるとかで。

一人で行って欲しいなぁ・・・と訴ったえてはみるが、無駄なようだ。

手術を無事終えたやはり常連のDさんも、不思議なことをO法師に当てられ、お礼に同行したいという。

Rちゃんも引っ越しの方向をみてもらいに行く。引っ越しは今年はだめだと言われているのに、マンションを買ってしまい、引っ越ししてもいい日取りを観ていただきに行きたいという。

みーんな、ダメと言われても無視して買った後に、方位避けとか、良い日取りとか聞くんだもん。

マンジャーレも、事務所が引っ越したので、どうかと事後処理のようなことを聞きたいといいだし、ま、マンジャーれの場合は、おいしいご飯が目的だけど。

んなこんなの4人を引き連れて行くことになった。

Kさんとマンジャーレと私は、最近、店を引っ越した「ソソホラ」に先に行く為と、佐助稲荷に行く為とで9時19分の新宿湘南ラインに乗ることに。

ほかの2人は14時に鎌倉駅で待ち合わせた。

Kさんが時間になっても来ない。
ぎりぎりにメールがあった。
昨夜また狭心症の発作で倒れて、今日は14時組で参加できたら行くけど、気分が直らなかったら、諦めると言うことだった。

他の14時組の二人にメールしたり電話したり、もし、Kさんが来られるようだったら、一緒にきて欲しいと、乗る時間と車両を私が勝手に決めて連絡した。

約束の電車に乗り損ねた私は、先に鎌倉に向かったマンジャーレに、追っかけるから、たぶん、10時35分着になるとメールして、東横線を経由して行く方法をとった。

きっかり35分に鎌倉駅到着。

佐助稲荷に行こうと決めると、その少し前に、財布にぶら下げる狐の何て言うんだろう・・・人形のようなものが切れて無くなるのだ。

今回は、4、5日前に切れてどこかに落としたようだ。「来い!」と言われているような・・・。

歩いて佐助稲荷に向かう。

階段下の入り口に当たるところに祠がある。まずは、ここで、入らせてくださいと挨拶する。

「今日は、狸(マンジャーレはタレ目なんだ)を一匹連れきてしまってすいません」と、挨拶すると、横で狸が高らかに笑ってる。

とうりゃんせとうりゃんせと、鳥居をくぐりながら長い階段を上る。

連休のせいか、最近、パワースポットとかで紹介されたせいか、人が多い。
昔は、休みだろうと人がかなり少なかった。誰もいない日も多かった。

気持ちのいい樹がある。その樹を触って、パワーをいただく。

もちろん、財布に付ける狐の人形も買う。

鎌倉駅方面に戻る途中にある甘味屋さんで「葛きり」をいただきながら休憩。

マンジャーレは、朝ご飯にカルボナーラを作ってしっかり食べてきたと言うのに、ゴマ団子までを持参してきた。
(おまえは桃太郎か・・・)

「あのさ、今日は食べ歩きするんだよ。どうしてそんなもん持ってくるかなぁ・・・」というと。

「少しよー。これはね、たぶん、朝から忙しいユーコはきっと朝ご飯食べていないだろうと思って・・・小さいのだから。美味しそうだったし」と、いつだって訳の分からない奴だ。

葛きりの〆に、1個だけ食べる。

御成商店街で、マンジャーレは唐辛子の柄の暖簾を買った。なかなかステキ!

六地蔵のバス停の路地(サーフショップと雑貨屋のビルの間)を入って少しだけ行くと、流木のオブジェが見えてくる。そのクリーム色のビルの一階が「ソソホラ」だ。

アメリカインディアンのビーズや鹿の皮でバックや財布、シャツやコートまで作っている。細かい仕事なのに、それはそれはどこよりも丁寧な仕上げで、美しい。Nちゃんが一人で根気よく作っている。

とってもいい空間を借りられて良かったねー。とってもいい感じ。

マンジャーレが鍋敷きを買った。鹿の皮とビーズでできているのだ。ものすっごく満足そう。
どうやら、一人鍋のときに新聞紙を敷いていたらしい。色気無いもんねーそれじゃあ。

14時にKさんも無事来ることができ、5人で長勝寺に行く。
15時にお祓いのお経をあげていただくのだが、珍しく今日は私たちだけだった。

小町通りを少し歩いて、吉兆という和菓子屋さんの筋を曲がって、またすぐ左にはいると「バカンス」という店がある。
ここで、うちのお客さんでもあるAちゃんが、料理を作っているのだ。
Aちゃんは、秋田出身。きりたんぽを用意して待っていてくれた。

この店の料理は、Aちゃんが任されているのだが、普段、きりたんぽは無い。

エスニックや沖縄の料理が中心。飲み物もモヒートやカイピリーニャがあるところが嬉しい。すっごく美味しいのだ。

きりたんぽ鍋の前に、美味しい前菜をお任せで出していただき、すぐに大きな鍋がきた。
みんな大歓声をあげる。

私はきりたんぽは初めてだ。やはり西の大阪出身のDさんも初めてだとか。

野菜もいっぱいで、比内地鶏や牛蒡やセリはじめ、野菜もたくさん入って美味しい!

スープがたまらん!

インテリア関係の会社を経営しているKさんは、接待でよくきりたんぽ鍋は食べているという。そのKさんが、専門店で食べるより美味しい!と、太鼓判ポーン!

かなりたくさん食べたのに、韓国風肉野菜ご飯や春雨のタイ風炒め、アボガド野菜ご飯だったかな・・・どんどんいただく。

鎌倉野菜がたっぷり入って、ドレッシングがすべて違って、どんどん食べられてしまう。

それでも、きりたんぽ鍋がかなりたくさんだったのでお腹いっぱい。

「ねー、この、シラスご飯って美味しそうじゃない、食べないぃ!?」とマンジャーレ。
みんな無言。
「もうお腹いっぱいだよー。食べない!」
「えー・・・」
さっき、ソーセージ屋で片っ端から味見してたのにぃ。

「みんな、Kitchen5の長いお客さん?」とマンジャーレ。
「Kさんはランチやってたときからだよ」と私。
そんな話から、
「ユーコと知り合った頃は、私49キロくらいだったわ」と、マンジャーレ。
「私も、3、4年前、トータルワークのジムに通ってた頃は50歳過ぎてたけど49キロだった」とKさん。
「へー!50歳過ぎてて49キロ?」とマンジャーレ。
「あのさ、彼女は身長が167センチだからね」と私。
「え・・・13センチも違う・・・あ、あのね、私、骨太なの」とマンジャーレ。
「骨が細くても10キロも違わない」と私。

「あのね、ユーコはいつも私にこうなの。何かは言わないと気が済まないの」と控え目なDさんに、こそっと言ってるしぃ。

骨太で終わらせちゃ、いかんだろ。この暴言を野放しにはできん!
牛の頭とか羊を一匹とかサバいたことあるけどさ。牛や羊だって骨はそんなに重くはない。骨細の羊と骨太の羊の骨の重さの差なんて1、2百グラムがせいぜいだ。

骨の重さについちゃだまされんぞ。