spacer.gif

2012年04月01日

陶芸教室

3月にのりちゃんと陶芸教室に入ることに決めたのだが、体調や用事で、1ヶ月遅れて、今日からのりちゃんは入会した。
体験コースに参加したいという、うちの店の古いお客さんのKさんも参加。

他の方たちは、6年とか10年とかやっている方ばかり。轆轤を回したり、陶器のボタンを作ったり、もう、それはそれはすっごい完成度だ。

私は今日は、白化粧した皿に線を入れて模様を画く作業をひたすらする。
線は結構深く削っていくので、失敗は許されない。一発勝負だ。

「1ヶ月でそんなに作ったんですか?!」と、私が並べている皿たちを見て驚かれた。

えー!?みんな、こんなんじゃないの?作りすぎぃ?

「作りますか?ってきかれたから、はい作ります!って言って、その度作ってたら、こんなになっちゃったんだけどぅ」多いのかぁ・・・。

のりちゃんが「私、もう、挫折しそう・・・」と、汗だくになって土を練ってる。

そうかぁ・・・肉体労働者の私は、そーとー体力も力もあるんだわぁ。

しかし、小さな器具を使って、ホジホジしながら柄を作っていく作業って、超楽しい!絵付けはもっと楽しいかもー!早く、やりたーい。

あっと言う間の3時間。

今日まで教えてくださったK先生は、2ヶ月間お休みになる。入院されるのだ。そんなに難しい手術ではないのだが、体力が戻るまでおやすみだと言う。

早く戻ってきてほしいな。

のりちゃんと軽くシャンパンとつまみが食べられる店に行こうということになった。

結局、昼ご飯を食べた、蕎麦屋「川上庵」にまた行った。
「お帰りなさい」と言われた。