spacer.gif

2012年01月13日

バルセロナ食べ歩き

年末から正月にかけて、ここ数年は母と過ごしている。食べ歩いたり、映画やミュージカルを観たりの後、旅立った。

バルセロナは、私の中で上位に入る好きな都市だ。美味しい店が多い事が一番の理由だ。

Res.L'Olive(carrer de balmes,47 Tel.934 521 990)無休 13:00〜16:00 20:30〜24:00

やっぱりこの店は大好き。
カタルーニャ料理のホッとする美味しい店だ。
行きつけになる店の要素がある。今回は、ここには来ないで、ちがう店ばかり行くつもりだったが、やっぱり最後の日に来てしまった。

1."Tartar"de tonyina amb alvocat
この日、2回目の昼食と言うこともあって、つい、優しそうなマグロとアボカドのタルタルを頼んでしまった。ホッとする味。完食!カリカリパンといただくとどこまでも食べてしまいそう。
2.Fidens negres amb sipia
必ず食べる一品だ。今日は塩がちょっと強いなぁ・・・。イカ墨のパスタのパエリアだが、日本のスペイン料理屋で普通のスパゲッティのパエリアが出てきてびっくりしたっけ。長いパスタのパエリアもあるのかと思ったが、Fidensはカタルーニャの名物だからなぁ。
3.Lemon sorbet
さっぱりしたいので、レモンのソルベをいただく。カフェソロでシメる。やっぱり来てよかったと思った。


Paco Meralgo(carrer de Muntaner,171 Tel.934 309 027)無休 19:00〜16:00 20:00〜0:30

バルセロナに来ると必ず一度は入るカタルーニャ料理のレストランL'Oliveの系列店だ。初日に来て、通ってしまった。

なにを食べても美味しいし、メニューに工夫がある。
目の前を食欲ソソりそうな物が運ばれていくので、つい、「あれ何?」と聞いてしまう。気になり、機会を失うし・・・「あれ、ください!」と、迷わず頼んで、ついつい食べ過ぎてしまう。
今回、この店が一番気に入った。かなりクオリティーが高いタパスバーだ。おしゃれでもある。客層もかなりいい。
人気のタパスバーは他にもあるが、ここが断然お勧め。

1.Pan con tomate
ここ、ロリベ系の店だけあって、パンコントマテは最高に美味しい。高級店のFreixa Tradicioよりかなり美味しい。
2.Bacalao "esqueixat"
生のバカラオと湯剥きした生のトマトがミルフィーユ状に出されてくる。上品な塩加減で美味しい。
3.Navajas a la plancha
マテ貝のオリーブ焼きだ。ガリシアに行ったときはいつも食べていた。やはり新鮮で美味しい。
4.Batata catarana
ポテトを揚げたものに、辛いアリオリソースをかけたハイカロリーもの。しかし、つい、食べてしまう。
5.Calcots (salsa romesco)
ネギをオリーブオイルで焼いたものだが、とっても好きなので、ピミエントスパドロン同様ついつい頼んでしまう。サルサロメスコをつけていただく。
6.Steak tartar
カリカリに焼いたピンチョ用のパンにタルタルステーキが乗っている。生肉なのでさっぱりいただける。
7.Virutas de alcachofas
アーティチョークを薄ーくスライスして素揚げにしたもの。つまみに最高!
ビールにもカヴァにもよく合う。隣のお客さんに、カヴァを1杯ご馳走になった。ラッキー!
8.Albondiga de sepia al estilo de angel belmonte
甲烏賊のラグーのミートボールと茄子の天ぷらにオレンジ色のアメリケーヌ状のソース。さっぱりしていて美味しい。
9.Vieiras al horno
ホタテ貝のオーブン焼きだ。タマネギが甘く炒めてたっぷり乗っている。パン粉焼き。

今回、目に付いたのは、日本料理屋が多くなったということだ。
回転寿司屋さえある。メルカドでも瓶詰めに、味噌と豆腐のベーストなんかも見つけた。ペーストなんだから、パンに塗るのだろうか・・・。オリーブのペーストのタプナードと並んで売っている。


Flauta(Carrer d'Aribau,23 Tel933 237 038)日曜休み !3:00〜16:30 20:00〜1:00
1時からだから1時に行くとすでに、たくさんの人が食べているし、並んでいる。夜もそうだ。20時からだから、19時半に行っても満席の上、並んでいる。どうやら、この営業時間は間違っている。途中の休みはないまま営業しているようだ・・・と思ったら、1時からというのは、ランチの料理が並ぶ時間で、朝からというかオンセ(朝のおやつ時間)の時間から人が入っているのだ。
並ばずにすむには、12時前後から入るといい。12時くらいからかなりの料理が並ぶ。並んだとこからどんどん頼んでいけばいいのだ。
かなりの人気店だが、料理はシンプル。新鮮なエビや烏賊や貝類を焼くか揚げるか頼む。サラダ類はほとんどがマヨネーズ和え。野菜も焼くものがほとんど。
ボカディージョといって、カスクートのようなカリカリの細いパンで挟んだもののバリェーションも多い。とっても美味しい。メニューがかなりたくさんある。

1.Bocadillo
チーズとツナのトマトソース煮を合えたものが挟んである。「カリエンテ!」と言えば、温かく焼いてくれる。
2.Sutido de tapas
ピミエントスパドロン、アルメハスと言って、アサリの一種をニンニクで焼いたもの、小鰯の唐揚げ、エビのプランチャ、クロケッタ等の盛り合わせ。

ここで食べている人の食欲を見ていると、スペインの情勢がほんとかなぁ・・・と、疑ってしまう。


Jose Luis(Av.Diagonal,520 Tel.932 008 312)無休 9:00〜1:00 土日は10:00〜
ここも、何度か来たことがあるマドリッド系のタパス屋さんだ。カタルーニャのタパスに飽きたら是非足を運ぶといい。ピンチョはどの時間でも並んでいて、途中休憩なしで営業している。時間がはずれても、食事が出きる。

1.Bunuelos de bacalao
塩鱈をすりつぶして一口大にまとめて揚げたもの。つまみに最高!
2.pinxos
ここもいろいろピンチョがあるのでついつい食べ過ぎてしまう。
パプリカとオニオンをグリルして、酢漬けにしたものにツナを乗っけたもの。
蟹の身をほぐしてマヨネーズであえたもの。
生ハムや血のソーセージが乗ったもの。
キリがないくらい・・・。

Frexa Tradicio(Carrerde sant elies,22 Tel.932 097559)日・月休 13:00〜16:00 21:00〜23:30
伝統的なカタルーニャ料理の高級店。バルセロナにも詳しいホセお勧めの老舗だ。

私がいただいたのは、アラカルトで。
メニューはさほど多はない。そこの中から迷って・・・。
前菜に、
Pimientos escalibados y confitados
どうしても、パプリカ好きなもので、つい、頼んでしまう。自家製アンチョビも合わせてもらう。さすが美味しい。

主菜に、
Pollo depayes a ia casuela con langostinos

Pies de cerdo rehogados con ciruelas y pinones・・・これにしようかとも迷ったのだが、チキンの方を勧められて上の、チキンのランゴスティンとプラムが入った煮込み料理にした。
ソースがさすが美味しい。しかし、鶏半匹分は多すぎるし、飽きてしまう。

下の、迷った豚の足の料理は、違う店でいただいた。豚の足の料理は好きだが、なんせ量がすごい。バルの一品なのに、豚足3本分が出てくるもん。