spacer.gif

2011年07月03日

「おもいのまま」東京・あうるすぽっと

13時開演っつうことは、12時半より前に家を出なくてはならない。
午前中にやらなければならない筋トレや仕入れがめいっぱいある。

ものすごいスピードでこなして、間に合ったぁあ!

劇場はまだ新しく、座席も大きくて舞台の位置も見やすい。しかし、2階というので、エレベーター待ちで並んでいる人を横目に階段を使ったら4階くらいあるではないか。そうか、天井が高い分、こうなるのか。

すでに到着していた二人、店の常連のTさんとDさんも階段を使ったらしい。同じ感想を言っていた。

石田えりちゃんの久々の舞台だ。

「久々にお芝居するの」と聞いて、公演は全国各地でやるという。地方の友人にも声をかけたら、発売当日ですでに完売になっていた。

出演者は4人。佐野史朗さんはじめ見たことある俳優さんたちだった。

「シュールでとっても楽しめました」と、すでに観たY理事長からメールが。

心の中に生まれる何かに訴えかける演出になっている。確かにシュールで私も観てよかったと思う。もう少し、考えをまとめたいテーマだと思った。

マネージャーも知り合いなので、楽屋に挨拶に行った。なんと、えりちゃん、舞台でも夜遅く自宅でくつろぐ主婦役から始まることににこだわってか、すっぴんだった。

私が会うときはいつもすっぴんだけど、すっぴんでこれだけ綺麗な人は、鈴木保奈美さんとえりちゃんくらいだなぁ・・・。と、演劇とは関係ない感想が・・・。

まだ陽は高い。

目白のフランス人が経営するガレット屋さんで、シャンパンとガレットで遅めの昼食をした。
その後、ふらふら歩いて、学習院を散歩した。初めて入ったのだが、森のようだ。
馬場だってある。

呑んで歩くせいか疲れたので、また、ホテル内のカフェで生ビールとつまみを少々。
なんかいいなぁ・・・。休日の昼まっぱらから酒とつまみと・・・。くつろぐなぁ・・・。

ここから歩いて5分のところに住むTさんと別れて、私とDさんは同じ渋谷方面を目指す。

しかし、おかしいなぁ・・・。

ちゃんと渋谷方面1番線と書いてあるのを見て、Dさんと確かめて山手線に乗ったのに・・・。

「あれ!?巣鴨って?・・・これ、反対方面じゃん!」
飛び降りて、再び渋谷方面に乗った。

「おかしいねー?ちゃんと見たのにねー」と、二人しておかしいおかしい?を繰り返しながら家路に・・・。