spacer.gif

2011年05月01日

多治見 日本料理「和」(なごみ)

母を送って、多治見に。

ここに、早稲田の「松下」で働いていたO君がやはり「松下」で働いていたMさんと結婚して店を開いているのだ。全く、二人ともこの土地になじみがあるわけではない。

たまたま、先輩の知り合いから話があって、店を借りることができたというだけで、土地勘のない多治見で二人の結婚生活が始まったのだ。6年前だった。

近所のI市のI病院のY理事長に話したら、この店を気に入っていただけたようで、病院全体で贔屓にしていただいているのだった。

近くに来ているのだし、Y理事長と奥さんと、愛娘の魔女っ子と4人で夕食をすることにした。

今では、知る人ぞ知る名店と言う。O君はほんの少し太ったかなぁ・・・。奥さんは全く変わっていなーい。相変わらず可愛らしい。

●ウルイと菜の花、蕗味噌、赤貝、加減酢のジュレ
●蓬餅と椎茸と蕨の吸い物
●金目の昆布〆、こんにゃく、とり貝
●目光
●筍と新じゃが
●白海老とアスパラの天ぷら
●シャコとフルーツトマトとわかめときゅうりの酢の物
●出汁巻き卵、大アサリの味噌汁、香の物、ご飯
●グレープフルーツゼリー・苺のムース 

いい腕している。
どれも美味しい。確実に実力をつけている。

隣で、Y先生が「ほら、この器も。いい器がどんどん増えているねー」と。
現在のいい傾向がわかるねー。なんだかホッとしたぁ。
Y先生、ご馳走様でしたぁ!